助産師になるには? 必要な資格は?

助産師になるまでの道のり

助産師になるためには、助産師国家試験に合格し、助産師免許を取得することが必要ですが、助産師の試験は、看護師資格を取得していないと受けることができません。

看護師学校卒業後に助産師養成校に入る

看護専門学校または看護系の短大を卒業後、看護師国家試験に合格し、看護師の資格を得てから、さらに指定助産師養成校で一年以上の課程を修了した者に「助産師国家試験」の受験資格が与えられます。

その後、ようやく助産師国家試験を受験し、合格して晴れて助産師として勤務できるようになります。

助産師養成コースもある4年生の学校に入る

そのほかに、一部の4年制の看護大学または専門学校では、看護師養成課程の中に、助産師養成のためのカリキュラムやコースを備えているところがあり、学内の選抜で選ばれた少数のみ、看護過程とはまた異なる過程で学ぶことができます。

そこで学んだ場合、看護大学や看護学部の課程を修了すれば、看護師、助産師、両方の国家試験の受験資格を同時に得ることができます。

しかしこの場合、助産師国家試験に合格していても、看護師国家試験が不合格であったら助産師の免許は取得できません。

助産師になるまでのルート

助産師という仕事の難易度と資格

助産師国家試験の受験資格を得るまでの道のりが長い助産師の道のりですが、助産師国家試験の新卒合格率は例年90%以上と高く、まじめに授業を受け、しっかりと試験対策をすれば、高い確率で合格できます。

しかしながら、助産師を志す人にとって本当に難しいのは、助産師国家試験に受かることよりもむしろ、助産師養成学校やコースに入ることです。

その理由としては、まず助産師養成学校やコースは看護学部や看護専門学校と比べて数が少なく、それに伴い定員も少数です。

それゆえ、毎年かなりの競争率となる狭き門です。

また、4年制大学の看護学科や専門学校と異なり、自身の通学圏内に助産師養成学校がない場合も少なくありません。

こういった場合、環境や経済的理由などで進学が難しいケースなどもあり得ます。

助産師国家試験の難易度・合格率

助産師になるための学校の種類

助産師になるには、

・4年制大学の看護学部や看護学科で看護師と助産師資格の同時取得を目指す
・3年制の短大もしくは専門学校の看護師養成課程を卒業して看護師資格を取り、その後、1年制の助産師養成所へ入学して助産師資格を目指す

というふたつのルートがあります。

順当に進級し、ふたつの国家試験をストレートでパスできれば、最短4年で助産師資格を取得することができます。

ただし、看護師助産師両方の国家試験受験資格が得られる看護大学や看護学部に入学できた場合であったとしても、そのカリキュラムやコースに学生全員が進めるわけではなく、定員や学内選抜の試験があります。

入学時に助産師資格を取得することを計画していたとしても、過程の定員に入れなかったら、看護師免許を取った後、助産師養成校に通う必要があります。

助産師になるための学校と学費(大学・専門学校)

助産師に向いている人

命の誕生というかけがえのない大切な場面に立ち会う助産師という仕事ですが、では助産師に向いている人は、どのような適性がある人でしょうか。

他者に対して思いやりや共感力がある人

産科で勤務する助産師は特に、他の診療科に比べ繊細な直接ケアが求められる場面が多く、産前・産後の女性は情緒不安定になることのないよう、ささいな訴えや不安にも耳を傾け、妊産婦に寄り添う姿勢が大切です。

女性の人生において最も大切な瞬間である出産に立ち会う助産師には、思いやりや寄り添う心が欠かせません。

タフである人

分娩のときは、当の妊婦さんはもちろん、助産師や産科医師も体力や神経を消耗します。

お産が立て込み、同時に複数の現場を掛け持ちしなければならない過酷なタイミングにおいても、弱音を吐かず妊産婦が頼れる存在でいられるタフさやパワフルさが必要です。

また、お産は24時間365日いつ始まるかわからないものです。

状況や進み具合などもさまざまで、助産師は状況に合わせて柔軟に対応することが求められます。

夜勤や休日出勤、病院やクリニックによっては緊急の呼出しもあるなど、勤務スタイルは不規則になりますし、お産が長引けば勤務時間が延びることもあり得ます。

そんなハードな毎日のなか、業務をこなしていくだけの体力も求められます。

精神的に安定した人

助産師は命の誕生に立ち会い、母子を支えることがおおきなやりがいの仕事ですが、すべての妊娠出産が無事幸せな結末に終わるとは限りません。

流産や死産などの悲しい場面に立ち会うことも少なくなく、そのようなとき、悲しみや失意の中にある母親や家族に寄り添い、支えるのも助産師の大切な役割です。

どんなときも患者さんに寄り添い、支えることに全力を尽くす、そんな強さをもつ人がこの仕事に適任であるといえます。

助産師に向いている人・適性・必要なスキル

助産師のキャリアプラン・キャリアパス

転職する人も多い

医療の現場で働く医療従事者全体に言える傾向ではありますが、助産師も同様で、助産師がひとつの病院で長く働くというケースはめずらしいといえます。

多くの場合、他の病院やクリニック、助産院などに転職しながらキャリアを積んでいくことが多いでしょう。

また、病院やクリニックなどでスキルアップをしていきながら、出世や役職を希望する場合、それぞれ上の職位を目指していくことになります。

勤務する病院やクリニックの規模によって、最終的に助産師長になるまで複数の段階があるケースがほとんどで、おのおの経験やスキルを積み重ねながら上の役職を目指していくことになります。

また、勤務先の病院やクリニックを変え、転職をしながらキャリアを重ねていく場合でも、助産師の経験や資格があれば、就職先に困ることはまずありません。

病院勤務以外のキャリアパス

また、病院やクリニックで勤務を続ける場合以外にも、助産師には多彩なキャリアパスがあります。

助産師として海外で働くケースもありますし、また助産師には医師や歯科医師と同様、開業することが許されています。

フリーランスの助産師として活躍するケースや、助産院を開業するケースも少なくありません。

また、産科業界でマタニティ用品などを企画・開発する企業などに就職して、商品開発をするといった働き方もあります。

この場合は、一般の企業に勤めるサラリーマンなどと変わらない働き方になりますので、医療職ではなく一般の会社員として勤務することになります。

他には、資格を取って保健師に転身したり、マタニティヨガやアロマなどの指導者に転身したり、助産師の免許や専門知識を生かして医療業界とは異なる職種に就くことも可能です。

助産師を目指せる年齢は?

助産師になるには、最短のルートが存在しているとはいえ、多くの場合一度看護師として免許を取ったのち養成学校に行き直して助産師になるための勉強をし、免許を取るといったプロセスを取る人が大部分です。

したがって、新卒ストレートで助産師に向かう人ばかりではなく、一度看護師として現場に出た人や看護師として何年も働きながらキャリアの転身を考えた人、また全く別の仕事をしながら夢を諦めきれず助産師への道を選び直した人など、背景や年齢はさまざまです。

助産師を目指す過程において、資格取得要件に年齢は入っていませんので、実質いくつからでも助産師を目指して勉強を始めることは可能です。

実際、看護師として現場で働いているうちに、助産師の仕事に魅力を感じ、助産師養成校を志す人も多くいます。

1年制の助産師養成学校に通うことになりますが、働きながらの受験勉強はかなり大変であるようです。

しかしながら、現場で実際に助産師の仕事に触れ、強い意志で助産師を目指す看護師は、熱意と臨床経験があり、これらがモチベーションの底力になるケースも少なくありません。

また、勤務先の病院によっては奨学金制度があったり、寮などのバックアップ体制が整っている場合もあります。

さまざまな理由から、ストレートで4年制大学看護学部の助産師養成課程に進むことができない場合には、そういった方法もあるということを覚えておくとよいでしょう。

参考:助産師に関するデータ

助産師数の推移

助産師の数は近年大幅に増加してきています。平成30年の助産師数は36,911人となりました。

助産師数の推移_30

出所:厚生労働省 平成30年衛生行政報告例

年齢別の助産師数

助産師の数を年齢別に見ると、25歳〜29歳が5,653人と最も多くなっています。若い世代に助産師の人気が高まっていると考えられます。

年齢別の助産師数_30

出所:厚生労働省 平成30年衛生行政報告例

助産師の雇用形態

助産師の雇用形態は、正規職員80.9%、非常勤職員18.9%、派遣0.2%となっています。

助産師の雇用形態_30

出所:厚生労働省 平成30年衛生行政報告例