助産師になるためにはどんな勉強が必要? 学生生活は?

助産師になるために学ぶことは?

助産師国家試験の受験資格を得るためには、4年制大学の助産師養成課程や看護師免許取得後養成学校で1年学ぶなど、最短でも4年かかります。

では、助産師を目指す人が、助産師学校で学習する「必要な知識と技術」にはどのようなものがあるのでしょうか?

4年制大学の助産師養成課程や専門学校、養成学校などにより授業内容の詳細には多少の違いがありますが、それぞれで厚生労働省の指導要項に準じた助産師養成カリキュラムが設けられています。

基礎助産学

基礎助産師学では、文字通り助産師という仕事の基礎を学ぶ重要な科目です。

具体的には、

・助産師の歴史や社会的役割を学ぶ「助産学概論」
・女性の体と妊娠の仕組み、婦人科疾患について学ぶ「人間の性と生殖」
・妊娠・分娩・産褥について学ぶ「生殖の生理と病態」
・母親の心理や現代社会における母子のあり方を学ぶ「母子の心理・社会学」

などがあり、どれも助産師学の基本となる重要な基礎科目です。

その他にも、「生命倫理」、「母子の健康」などがあります。

助産診断・技術学

基礎助産学では、助産師に必要な知識を習得しますが、助産診断・技術学では、実際に助産師として仕事をする上で必要な技術を学びます。

この科目では、

・妊産婦の検診の仕方
・母親学級の指導計画
・分娩の介助技術
・沐浴・授乳など産褥期(さんじょくき)の指導
・新生児介助の技術

など、妊娠~出産~産褥期における助産活動の全ての範囲が対象になります。

また、助産活動は、初潮を迎えてからの性教育や知識の普及、更年期障害など、女性のライフサイクル全般に関して行なわれ、それに応じた助産技術も習得する必要があります。

地域母子保健

地域における母子保健活動や、地域保健行政のあり方、活動について学びます。

昨今では、行政や学校などでの講義や啓発活動などにも助産師が関わる機会が増えています。

専門家として指導者的立場になることも今後は増えていくでしょう。

助産管理

助産師として仕事をする上で必要な法律や、よりよい業務を行なうための産院や産科のあり方を学びます。

学内実習

助産師に必要な知識と技術を座学で学び習得出来たら、指導者のもとで実際に現場で行なう『実習』があります。

実習を行なう前には、学内で十分な学習はもちろん、技術に関する演習をこなします。

例えば、赤ちゃんをお風呂に入れる演習は、人形を使い、実際の赤ちゃんだと思って声をかけながら行ないます。

この時、お湯の温度は適切か?赤ちゃんの持ち方はよいか?など実際に起こり得るケースを体系立ててしっかり学び、一定レベルに達するまで演習を行なうことで、臨床での実習を行なうのに十分な技術を身につけ事故を防ぐと共に、自信を得ることができます。

助産師免許を取得するにあたり、実習が一番大変だったという声は少なくありません。

しかしながら、この在学中に何度もある実習を乗り越え、実地で使える技術や知識を叩きこむことがのちに大きく生きてきます。

助産師の学校の入学から卒業までの流れ

4年制大学の助産師養成課程や看護師免許取得後の養成学校など、学校によって学生生活の内容はさまざまですが、卒業までのカリキュラムや流れに大きな差はありません。

助産師養成学校の中には、病院の付属の学校である場合なども少なくなく、この場合は全寮制であるケースもあります。

入学とともに入寮し、同じ学年の数十名で卒業までの間、ひとつ屋根の下で時間を共に切磋琢磨します。

入学式を経て、すぐに授業が開始になることが多く、比較的みっちりと必修科目で時間割は埋まります。

授業の中で、宿題が課されたり、4~5人で組んで話し合いをしながら課題をこなグループワークが課されたりするので、課題に追われることも多くあります。

アルバイトをしたり、自分の時間を持ったりといった時間的余裕は、一般学科の学生と比較すると少ないことは否めません。

学期中には何度も試験があり、それをパスしないと単位がもらえず卒業することができないため、試験勉強はなかなか大変です。

しかしながら、卒業後すぐに国家試験が待っているため、学生は高いモチベーションで真剣に試験対策に臨みます。

冬が近づくと、国家試験対策が始まります。

冬休みはだいたい2週間ほどあり、この時期に国家試験の勉強を集中して行いながら、卒業試験の対策も並行して進めます。

助産師の学校の実習

助産師養成学校で、助産師としての学習と平行して大体夏頃から「臨地実習」が始まります。

臨地実習とは、助産師を目指す学生が、その知識と技術を実際に医療機関や保健機関で展開、学習することをさし、全員がこなさなければいけない必修科目です。

実習先は、病院、助産所、周産期センター、保健センターなどで、助産診断技術実習や地域母子保健実習、助産管理実習などを行います。

そのうち助産師診断技術実習は妊娠・分娩・産褥期における、妊婦検診、分娩介助、産褥介助、各期毎の指導を行い、全実習の約8割を占めるとても重要な部分です。

特に分娩介助は、実習の中でも最も緊張する瞬間であると同時に、助産師の仕事の醍醐味を感じる瞬間です。

この実習を経験して、学生は助産師の仕事をリアルに感じることができるようです。

実習期間中はレポートの作成も大変で、グループで対策を取りながら実習を回っていきます。

実習はスケジュールも大変

臨地実習は、大学や専門学校などの種類に関わらずすべての看護師・保健師の養成学校でも行われます。

専門的技術を習得する非常に重要で有意義な教育課程ですが、助産師の臨地実習は看護師や保健師にはない特徴があります。

それは「夜間も実習を行なう」「突然呼び出されることもある」ということです。

助産師学校では、実習において、助産師および医師の監督の下で8~10例の正常分娩の介助を行なわなければいけません。

しかしながら、お産はおおよその出産予定日はわかっても正確な出産日時はわかりませんから、実習期間に入ると、いつでも分娩介助に入れるように夕方~夜まで病院や寮で待機します。

これをオンコールといい、医療現場の医師や助産師はこの体制で業務にあたっているため、実際の現場に大変即した実習であるともいえます。

とは言え、自分が待機している時にお産がないこともあり、助産師学校の学生にとって、この「分娩介助10件」を行なうことは大きな課題です。

ときには、試験期間に重なることもあり、学生は苦労するようです。

命の誕生に関わるための大切な実習

このように、助産師を目指す人は、助産師養成課程の学生生活の間で実に多くのことを学び、実習をこなしていきます。

肉体的・精神的にハードな局面もあるので、助産師になりたいという志はもちろん、体力も必要になります。

しかしながら、これらの座学や実習での学びを通して、学生たちは助産師という仕事と向き合います。