助産師のつらいこと・大変なこと・苦労

助産師のつらいこと・大変なこと

助産師が勤務する産科は産科と婦人科がいっしょになっている病院やクリニックも多く、入職してすぐは婦人科や病棟の看護から従事する場合も少なくありません。

その後、徐々に現場に慣れてくると同時に、産科の看護や助産師としての業務が割り当てられるようです。

しかしながら、婦人科と異なり、分娩を取り扱う産科は忙しさや時間の速さが全く異なるため、はじめに業務に慣れるまでかなり厳しく仕事を叩きこまれるケースも少なくありません。

妊産婦が命がけで臨む分娩、生まれたての小さな命を預かりお世話をするプレッシャーなど、責任の重さとたたかいながら勉強を続けていく大変さは助産師ならではかもしれません。

また、夜勤のつらさについては看護師も同様ですが、時間や予定の読めない産科の助産師の場合はさらに生活リズムが狂いやすく、疲れが回復しないまま蓄積し、体調不良を起こすこともあります。

ストレスやプレッシャーに加え、生活リズムが狂うことにより、ホルモンバランスが乱れやすくなる助産師もいるようで、自身も女性である助産師の体やバイオリズムへの負担は軽いものではありません。

助産師の悩み

助産師は赤ちゃんと母体の命に関わる仕事ですので、分娩・出産、その後の産後ケアなどでの処置において、ミスは絶対に許されません。

しかし、しっかり勉強をして準備し、お産に関する知識を習得しているとしても、様々なケースが現場で起こるお産では、緊張やパニックなどから思うように動けないこともあります。

そのようなとき、先輩や上司の助産師から厳しい指導を受けたり、叱責を受けることもあり、業務のプレッシャーもある中で、さらにつらいと感じてしまうことがあるようです。

業務の責任の重さから、あらゆるストレスを受ける点も助産師という職業のしんどさであり、悩む人も少なくありません。

このようにあらゆる現場を越えて経験値を積んでいく助産師ではありますが、白衣に着替えるたび日々プレッシャーや大きな責任感と戦う気持ちは変わらないという助産師も少なくありません。

助産師をやめる理由で多いものは?

助産師は看護の知識を習得した上で、出産・分娩や赤ちゃんに関する専門知識をもち、技術を学んでいますので、出産現場におけるスペシャリストであるといっても過言ではありません。

しかし、妊産婦やその家族の中には助産師の持つ専門性やスキルの高さを理解・納得できない人もいることは確かです。

産科医師ではなく助産師にお産を任せることに違和感を感じると訴えてくるケースもあります。

専門の養成学校を卒業して助産師免許を取得し、実務に入った後も、実務や勉強会などを通して日々学んでいます。

長い道を歩む専門家としてお産におけるスキルアップに努めている中、こうした努力や実力を理解してもらえない点はつらいところです。

また、医療現場である病院やクリニックでの職場環境に問題があるケースも多くあります。

例えば、助産師は看護師と助産師の資格をもっているため、勤務先や現場での状況によって看護師としての役割も同時に求められることがあります。

看護師・助産師の両方の業務ボリュームになり、休憩時間が取れないという職場もあります。

夜勤の回数が増えたりといった就業環境に問題を感じた結果、より安定して業務に携われる環境を求めて転職してしまうケースもあるようです。