助産師のやりがい・楽しさ・魅力

助産師のやりがい・楽しさ

助産師の仕事のやりがいは、命の誕生という人の人生において素晴らしい場面に立ち会い、赤ちゃんとその誕生を待ちわびたお母さんやその家族の喜びの顔を見られることでしょう。

10カ月にもなる妊娠期間の間、不安でいっぱいだった妊婦さんや家族と赤ちゃんの対面の瞬間。

幸せに包まれる様子をその一員として同じように喜べることが大きなやりがいであり、寄り添い続けた助産師の存在感を自ら誇りに感じることでしょう。

また、妊産婦や新生児のお世話やサポート、分娩・出産の介助だけでなく、地域の青少年の性教育や、家族計画指導なども、助産師の重要な仕事だと認識されつつあります。

少子化が進む現代社会において、若い世代が子供を作ること、産むことに正しい知識を持ってもらう啓発活動や指導を行うことも、やりがいを感じる業務であるといえます。

お産は一回一回がドラマで、決して同じお産はありません。

母親や家族は、生まれた子どもが何歳になっても、何十歳になっても、子どもが産まれた時のことを覚えているものです。

ひとの人生の忘れられない瞬間に立ち会い、その記憶に寄り添うことができる助産師の仕事は、他にないやりがいを見出せる尊い仕事であるといえるでしょう。

助産師の仕事内容

助産師の魅力

家族を見守ることができる職場

出産や分娩に立ち会うのは産科の医師も同様ですが、医師との違いは、助産師は陣痛がきてから産まれるまで産婦につきそっているという点でしょう。

陣痛のつらい時に一緒にいて、寄り添いサポートを続けることで、信頼関係がより強いものになります。

心を通わせて一緒に無事、赤ちゃんを迎えてあげられた時には同じ女性として他人事ではない喜びを感じることでしょう。

小さな赤ちゃんを中心に、笑顔で退院する家族を見守ることができる職場であるといえます。

働き方を選べる

女性にはライフステージの変化がいくつかあります。

仕事を続けていく中で、結婚し、引っ越しをしたり環境が変わったり、子どもを産み育てる時期がくるかもしれません。

環境や人生での優先順位に変化があったとき、変わらず総合病院で夜勤のあるハードな仕事を続けることは、難しいこともあります。

助産師であれば、自分のワークライフバランスに合わせて働き方を変えることも可能です。

数年、しっかりと助産師の仕事を覚えれば、その免許や経験や知識を持って、新たな就職先を探すことは問題なく可能です。

開業権をもっている

助産師と、医師や歯科医師以外の、他の看護師や保健師などの医療職との大きな違いは、「開業が認められている」という点です。

独立開業し、助産院を持ち自らがリーダーとしてお産のサポートをすることもできますし、出張助産師として、母乳ケアや育児相談、新生児訪問など、地域と密着した仕事をすることもできます。

専門知識を蓄え、技術をみがき、分娩を取り扱う助産院を開業すれば、妊産婦と一対一でじっくりと向き合うことができるでしょう。

助産師は、病院でも地域でも、女性から頼られる存在です。

その分、常に自己研鑽をつむことを求められます。

お産は思うようにすすむことばかりではありませんし、時には悲しいこともあるでしょう。

しかし、どんなにつらいことがあっても赤ちゃんや母親たちの笑顔をみて感謝の言葉を聞くと、また頑張ろうと思える、助産師はそんな魅力のある仕事といえます。