助産師の仕事内容

助産師とは

助産師とは、女性の妊娠から出産、分娩を助ける仕事です。

古くは「産婆さん」と呼ばれ、出産の際に赤ちゃんを取り上げることを生業としていました。

産婆の歴史は古く、明治時代の中頃までは、特別な資格がなくても産婆として活動することができました。

しかし、母子保健の安全の確保のため、1899年(明治32年)に産婆規制と名簿登録規則が発布され、一定水準の知識と技術のある者だけに、産婆としての免許が与えられました。

これが現在の「助産師」の原形となるものです。

以後、100年以上をかけ、法律の整備、社会のニーズへの対応、地位向上、様々な変遷を経て、「産婆」から「助産婦」に、そして2002年の保健師助産師看護師法の適用により「助産師」という名称で呼ばれるようになりました。

看護師および助産師は、男性の資格取得が認められ、多くの男性看護師・保健師が活躍していますが、助産師は、女性のみが取得できる資格です。

今後は男性助産師が誕生する可能性もありますが、現在の日本では女性しか助産師になることはできません。

助産師の大部分は、大学病院、総合病院の産婦人科や産科クリニックでの勤務、そのほかには助産院、地域の保健センターで仕事をします。

助産師の仕事内容

出産の立ち会い以外にも仕事はさまざま

助産師の仕事は、出産に立会い、赤ちゃんを取り上げることですが、実際の仕事はそれだけにとどまりません。

助産師の仕事は、「妊婦、じょく婦(出産を終えたばかりの女性)、新生児の保健指導を行うこと」がその役割とされています。

妊婦の健康管理、妊娠中の食事、運動などの生活指導、分娩、そして出産後も、じょく婦の体調管理、母乳指導、乳児指導と、妊娠から出産、育児に至るまでの「人の誕生」に関わる一連の流れを管理、指導します。

また、産前教育を通じて、全ての女性に「親になること」「妊娠、出産するということ」の知識を普及させたり、家族計画指導を行うことも助産師の役割です。

助産院の助産師の仕事

助産師には開業権が与えられているので、独立することも可能です。

病院に勤務する他に、単独で「助産院」を開院することが許されているということで、医療系資格の中では珍しい免許であるといえます。

助産師は個人で助産院を開業することが認められており、アットホームな助産院は自然分娩をしたいという女性に人気があります。

しかしながら、日本の法律において、助産師が医師の指示なしに行える行為は、正常な分娩の介助と定められています。

困難な出産や何か問題がありそうな場合には、助産師だけでは助産ができないため、医師がいる病院を紹介するのも助産師の役割です。

正常分娩が見込めない場合や異常を発見した場合は速やかに医師の指示のもとで安全なお産が行えるための連携が不可欠です。

広い知識と、確かな技術、適切な判断力を持って、人の誕生に関わる助産師の仕事は、責任も大きいですが、喜びとやりがいも大きい仕事です。

助産師の役割

女性のライフサイクル全般を支える

助産師の役割は幅広く、女性のライフサイクル全般を支える役割を担っています。

妊娠・出産を迎える経産婦は、喜びとともに不安を抱いています。

もちろん、家族の支えは重要が、それに加えて、気軽に相談できるまたは専門的な質問に答えてくれる人がいたら、より安心して新しい小さな命を迎える準備ができるでしょう。

また、お産の時には腰をさすったり、励ましたり、産婦さんの一番近くで支え、よりそうのが助産師の役割です。

妊娠中、分娩時の異常の早期発見し母子の命を守り、出産後は、赤ちゃんのお世話の仕方を伝え、おうちに帰ってからもスムーズに育児に取り組むことができるようサポートします。

子どもたちの未来を支える

適切な時期に、適切な性教育を行うことが見直されています。

それは、妊娠の若年化、性感染症の増加、妊娠中絶などが社会的に問題視されているからです。

助産師は、命の誕生に立ち会うことを通して命の尊さを身にしみて感じることができる貴重な職業であるとともに、経験と知識から培う確かな専門知識を、わかりやすく次の世代に伝えていくことも助産師の重要な役割です。

女性の心の健康を支える

周囲の協力が得られず育児がしんどくなってしまったり、子どもを虐待してしまったり、また夫婦関係がうまくいかなくなって逃げ出したくなったり、と女性は心身を疲弊してしまうこともあります。

家族にも相談できないことも他人になら言えるかもしれません。

そんな時、助産師は耳を傾けたり、適切な専門機関を紹介したりすることで、解決策を一緒に考えたりすることもあります。

助産師の仕事は、お産に立ち会うのみではありません。

育児を通して母子が健康に、またそのためにどのような支援が必要なのかを考え支えていくことも助産師の大切な役割のひとつです。

助産師の勤務先の種類

病院と助産院がほとんど

助産師のおもな就職先は、病院の産婦人科や助産院です。

妊婦さんの定期健診や院内でのお産教室を担当したり、産気づいた妊婦さんの様子を見守り、タイミングを見てお産に入り、赤ちゃんが生まれるのを介助します。

お産が済んだあとも、一ヵ月検診や母乳に関する相談や措置、育児相談などを受け、適切なアドバイスをします。

また、保健所で地方公務員として働く助産師もいます。

自治体で行われる母親教室・父親教室の講師をつとめたり、赤ちゃんの健康診断、お母さんからの授乳や育児に関する相談に対応します。

就業場所別の助産師数

就業場所別の助産師の人数は、病院での勤務が最も多く23,199人となっています。次に多いのが診療所の8,148人、助産所の2,103人となっています。

就業場所別の助産師数_30

出所:厚生労働省 平成30年衛生行政報告例

助産師の仕事先の種類・活躍の場

助産師と看護師の違い

助産師と関連した職業に、看護師が挙げられます。

助産師は必ず看護師の免許を持っています。

看護師と助産師の一番大きな違いは「免許」の違いです。

看護師は看護大学や看護専門学校などを修了後、看護師国家試験に合格し、看護師免許を得ますが、助産師は、看護師の免許取得者が、更に指定の養成期間で1年以上の教育と実習を行った後、助産師国家試験に合格しなければ資格を得ることができません。

助産師の教育制度にはいくつかの過程がありますが、卒業と同時に看護師と助産師、両方の国家試験を同時期に受けることができる看護学校もあります。

産科の専門的な知識を身につけ、免許を持った看護師が、助産師であると言い換えることもできます。

病院の勤務においては、総合病院や大学病院の産科外来や産科病棟では、看護師、助産師ともに働くことができます。

しかしながら当然、看護師と助産師では携われる業務の内容が異なりますし、助産師の資格を持っている人が優先的に産科に配置される傾向にあります。

一般看護師が内科、外科など部署の異動があるのに対し、助産師は異動がほとんどありません。

看護師の仕事