助産師への転職・働きながらなれる?

助産師への転職状況は?

他職種で仕事をしていた人が全くの他分野から助産師へ転職するケースも意外に少なくありません。

自身の出産を機に助産師という職業に興味を持った、会社員だったが助産師という職業を知り一念発起した、海外で活躍したいと思い助産師資格の取得を決意した、などの理由です。

他業種の経験のある人が助産師になることは、広い視野を持っているという点でとてもよいことでしょう。

助産師になるための要件に年齢はありません。

しっかりと養成機関で学び、免許を取ればだれでも助産師として仕事ができるようになります。

未経験・社会人から助産師になるには

そうはいっても、未経験の社会人が産科の世界にとびこみ、助産師になるためには道のりは厳しいものがあります。

看護学校または、看護大学や看護学部の受験準備に1年かかったとして、入学してから順調にいっても助産師資格を取るのに最短で4年はかかります。

その間の、経済的な問題や家族の協力が得られるかは大きな問題となってきます。

また、看護学校や看護大学に無事に入学できたからといって、助産師になれるわけではありません。

入学後はしっかり勉強をして好成績を残し、欠席などもほとんどない3年間を過ごす必要があります。

さらにその後、助産師学校に入学するか、大学で助産師過程に進む必要があり、この時点で狭き門を突破しなければなりません。

もちろん、最後には国家試験の壁もあります。

つまり、長い時間にわたって助産師になりたいというモチベーションを維持しつづけ、努力を続け、周りの家族の理解や協力を得る必要があるのです。

何歳からでも目指すことのできる職業ですが、その道に足を踏み入れるにはやはり、しっかりとした覚悟や準備、周りの理解が不可欠です。

看護師から助産師へ

もし、看護師免許をすでに持っている人であれば最短1年で助産師になることが可能です。

看護師の仕事をしながら助産師学校を受験する人もいますし、仕事を退職し一年間助産師学校の入学試験のために受験勉強に専念する人もいます。

看護師経験をお持ちの方が助産師になった場合、看護師での経験はかなり役に立ちます。緊急時の対応や対象者とのコミュニケーションなど、助産師になってからも十分に生かすことができます。

ただし、助産師学校に通いながら仕事を続けるということはほぼ不可能です。

実習のない月などに授業後に夜勤のパートなどで現場に出ることは可能かもしれませんが、相当な体力や意志がないと実際には両立はできないと考えたほうがよさそうです。

とくに実習が始まってしまうと、自分の時間さえ取れないこともあります。

その間は当然仕事は休む必要があります。

収入がなくなり、かつ高い学費を支払って学校に通うことは、社会人にとってはかんたんなことではないでしょう。

そのような経済的な理由などで、社会人がいちから助産師を目指すことは難しいかもしれません。

しっかりとしたビジョンや準備は、どのスタート位置から助産師を目指す場合でもやはり不可欠といえます。

未経験からの転職でも就職できる?

未経験でも、助産師として採用してくれる転職先はもちろんあります。

助産師が活躍する場の中でもとくに未経験であっても採用してもらいやすい、主な転職先としては、大きく人員が揃っており、教育体制が整っている総合病院や大学病院、規模の大きい産婦人科クリニックなどが挙げられます。

助産師として働いた経験がないと、お産をひとりでみることができません。

したがって、即戦力として分娩にあたることができる人を必要とする、小規模なクリニックや助産院への転職は厳しいかもしれません。

助産師として一人前に仕事を覚え、活躍するためには教育制度の整った病院でまずは経験を積むことが大切です。

社会人から助産師をめざす場合は、長期戦になることを覚悟の上で、計画的に進めることが重要でしょう。

助産師が持っていると良い資格はある?

助産師が持っていると業務に活かせると言われている資格がいくつかあります。

例えば、「アドバンス助産師」や「産後ケアリスト(R)(1級・2級)」、「リフレクソロジスト」などの資格です。

・低リスク妊婦の出産や健診において、産科医の介在なしでの分娩、妊娠中の異常への早期発見・対処ができるかどうかを認証する分娩に直接関わるスキルを示す資格
・産後ケアのプロフェッショナルであることを示す資格
・妊産婦の身体の不調改善や自然治癒力の向上などさまざまな効果が期待できる反射療法の技術者を認定する資格

これらは国家資格ではありませんが、スキルの客観的な証明などに役立てることができるでしょう。