助産師と看護師の違い

助産師と看護師の仕事内容の違い

助産師と看護師の実際の業務の違いは、助産行為です。

助産師が助産行為(お産を助け、子供をとりあげる行為)を正常分娩に限って医師の指示なしに行えることに対し、看護師はたとえ医師の指示があった場合でも助産行為は認められていません。

また、助産師養成のカリキュラムでは、地域母子保健や、助産管理など、保健指導的要素も学びます。

妊産婦、じょく婦(妊娠および分娩によってもたらされた母体のダメージや変化が、分娩の終了から妊娠前の状態に戻るまでの期間にいるお母さんのことをさします)、また広くは社会に対しての健診や、家族計画、妊娠指導、妊娠管理、保健指導を行うことができます。

看護師の仕事

助産師と看護師のなる方法・資格の違い

看護師と助産師の一番大きな違いは「免許」の違いです。

助産師国家試験は、看護師免許を持っていることが受験資格になっているため、すべての助産師は看護師資格を取得しています。

かんたんに言うと、看護師の免許を取った後、さらに産科に関する専門的な知識を身につけた看護師+αの免許です。

看護師資格取得後に指定の養成期間で1年以上の教育と実習を行った後、助産師国家試験に合格しなければ免許を得ることができません。

また、看護師免許取得と同時に助産師免許を得られるルートもあります。

4年制大学の看護学部や看護学科に設置されている助産師養成課程で学んだあと、卒業見込みの最終年に看護師・助産師のふたつの国家試験を受験し、合格すれば、卒業後すぐに助産師として働き始めることができます。

助産師と看護師の必要なスキルの違い

助産師の主な業務は、出産・分娩をサポートすることです。

病院やクリニック、助産院などで出産時に赤ちゃんを取り上げる業務に加え、出産前から出産後までの母体や胎児の体調管理、出産後の生活指導も行ないます。

また、産まれた新生児の健康管理も助産師の仕事範囲です。

一方、看護師の業務は、入院中の患者の生活の食事や介助をはじめとするサポート、病気や怪我をした患者の治療や診察の補助などを行ないます。

これらの治療補助や診察時のもろもろの業務は、医師の指示のもと作業します。

患者の治療や診察、処置などを看護師の判断で行なうことは認められていません。

また、産婦人科に勤務する看護師の場合、妊産婦の病院内での生活サポートや新生児のケアなどは行ないますが、出産時の助産行為も認められていません。

資格や業務内容から比較するとよくわかるように、助産師は看護師のスキルに加え、出産に関わる助産師としての専門スキルも持っています。

また、働き方としても看護師と助産師の間には大きな違いがあります。

看護師の病院の開業は認められていませんが、助産師は助産院を開業することが可能になっています。

助産師と看護師の学校・学費の違い

看護大学、専門学校の学費は、国公立・私立の差が大きく、また入学金や授業料、実習時に着る白衣などのユニフォーム代、また実習に関する設備費、その他の経費の有無など、進学する学校や種類によってさまざまです。

国公立の4年制大学の場合、看護師になるコースと同時に助産師免許も取得するコースで学費の差はありませんが、私立の4年制看護大学や看護学部などでは、コースごとに別の授業料やそのほか諸経費などに差がある場合もあります。

看護師免許を取得する場合で見ると、私立の4年制大学に進むと平均で国公立の4年制大学の約2倍の学費がかかるというデータもあります。

私立の3年制の専門学校を卒業するより4年制の国公立大学の看護学部を卒業するほうが、トータルで学費が低いケースも少なくなく、学校選びの際は一年ごとの学費だけでなく総額でも比較してみることが大切です。

助産師と看護師の給料・待遇の違い

看護師、助産師とも、病院やクリニックで勤務することが多くあります。

看護師は、内科や外科、眼科など病院内のあらゆる診療科に配属になる可能性があり、病棟やオペ室、外来などの配属先の異動もめずらしくありません。

いっぽう助産師は出産の専門知識があり専門性が高いため、配属先はほとんどの場合が産科や産婦人科となります。

診療科の異動は、本人の希望がない限りはほぼ無いと考えてよいでしょう。

看護師も産婦人科に配属になる場合がありますが、産婦人科では診察補助や病棟業務など、分娩以外の患者の対応もあり、そこにおいては看護師と助産師の業務の違いはありません。

また、看護師の場合、救急病棟などを除けばたいていの場合は、決められたシフト通りに勤務することになりますが、助産師の勤務時間は分娩によりますので、不安定になる場合が多くなります。

出産・分娩は不確定要素が多いため、助産師は時に長時間勤務などの対応に追われることもあり、看護師免許の上位免許である助産師の資格に加え、業務の大変さや専門性の高さなどが給与や待遇などの差として表れる傾向にあります。

年収に見ると100万円近く差がつく場合もあるようです。