助産師になるには

助産師国家試験の資格を得る

助産師になるためには、助産師国家試験に合格することが必要ですが、助産師の試験は、看護師資格を取得していないと受けることができません。

助産師になるには、看護専門学校または看護系の短大を卒業後、看護師国家試験に合格し、看護師の資格を有してから、さらに指定されている助産師養成校で一年以上、助産師に必要な知識を学び、臨床実習で実践的な技術を身につけた者に「助産師国家試験」の受験資格が与えられます。

一部の4年制の看護大学または専門学校では、看護師養成課程の中に、助産師養成のためのカリキュラムを加えているところがあります。そこで学んだ場合は、看護大学の課程を修了すれば、看護師、助産師、両方の国家試験の受験資格を得ることができます。

助産師国家試験の難易度、合格率

ただし、助産師の試験に合格していても、看護師の試験が不合格である場合は、助産師の免許は取得できません。

なお、男性の産婦人科医はいますが、助産師になれるのは女性のみとなっています。

助産師養成校は競争率が高い

助産師国家試験の合格率は90%以上と高く、まじめに授業を受け、実技を身につければ、まず合格できると言われています(もちろん例外はあります)。

しかしながら、助産師を志す人にとって本当に難しいのは、国家試験に受かることよりもむしろ、助産師養成校に入ることです。まず、助産師養成校は、看護学校と比べて数が少なく、定員も少数です。ですから、競争率が高いと言われています。

いつ助産師の勉強をするか

助産師を目指す人の中には、看護師として病院で働いていくうちに、助産師の仕事の素晴らしさに気が付き、助産師養成校入学を志す人も多くいますが、働きながらの受験勉強はとても難しいようです。

学習に費やす時間が取れる看護学校時代に、将来を考え助産師養成校入学のための受験勉強をするのが理想的だとの経験者の声もありますが、現場で助産師の仕事に触れ、強い意志で助産師を目指す人には、熱意と臨床経験という強みがあります。

早めの情報収集を

また、合理的に看護師、助産師両方の国家試験受験資格が得られる看護大学のカリキュラムも、その看護大学に入った学生全員が受講できるわけではなく、定員があります。

ですから、助産師になりたくても、その定員に入れなかったら、看護師免許を取った後、助産師養成校に通う必要があります。

助産師を目指す人は、まずできるだけ早い段階で「助産師になる」という意思を固め、そのための学校探し、受験勉強など早目の情報収集と準備を行うのがいいでしょう。

就職

大学病院や総合病院の産婦人科への就職が一般的です。診療所や助産院などは人数が少ないため、採用は経験者が中心です。

助産師のデータ

助産師数の推移

助産師の数は近年大幅に増加してきています。平成26年の助産師数は33,956人となりました。
助産師数の推移_26

年齢別の助産師数

助産師の数を年齢別に見ると、25歳〜29歳が5,204人と最も多くなっています。若い世代に助産師の人気が高まっていると考えられます。
年齢別の助産師数_24

助産師の雇用形態

助産師の雇用形態は、正規職員81.8%、非常勤職員18.0%、派遣0.1%となっています。
助産師の雇用形態_24

仕事体験談