児童指導員任用資格を取得するには

任用資格の取得方法は複数ある

児童指導員として働くためには、まず「児童指導員」の任用資格を得ることが必要となります。

この任用資格は「児童福祉施設最低基準(厚生労働省令)第43条」に定められているもので、児童厚生施設や児童養護施設などの児童福祉施設において、子どもたちの保護や生活指導にあたる職員のことをいいます。

児童指導員の任用資格の取得方法は、以下の通り複数あります。

1.厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する
→児童指導員養成のための科目が設置されている学校。福祉系の専門学校などです。

2.4年制大学の学部で指定科目を修めて卒業する
→心理学、教育学、社会学系の学部。通信制でも学べるところがあります。

3.小・中学校または高等学校の教諭の資格を持つもので、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者
→免許状の種別や教科は不問です。

4.高等学校を卒業したもので、2年以上児童福祉事業に従事した者

5.3年以上児童福祉事業に従事した者で、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者

このほか、国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格を持っている人にも、児童指導員の任用資格が与えられます。

任用資格の注意点

児童指導員の任用資格の証明は、学校の卒業証書などをもって行うため、別途特別な試験を受ける必要はありません。

上記に挙げた条件を満たしていれば自動的に取得できるため、そこまで難しい資格ではないといえるでしょう。

ただし気を付けておきたいのは、児童指導員は任用資格であり、ただ持っているだけでは効力が発生しないという点です。

児童指導員として働くためには資格を得たうえで、公立の施設の場合は公務員試験、私立の施設の場合は各施設ごとの採用試験にそれぞれ合格し、該当の施設に配属される必要があります。