医療秘書の求人・採用募集状況

病院や薬局、製薬会社で募集

医療秘書の求人を出しているのは医療機関です。

規模の大きい総合病院が募集していることが多いのですが、病院以外にも薬局や製薬会社、健康保険組合などがあり、活躍の場は多岐にわたります。

近年は、医療機関で働くスタッフの仕事の細分化が進み、それぞれに求められる専門性も高くなってきています。

こうした流れのなかで「医療秘書」や「病棟クラーク」「医療事務」「メディカルコンシェルジュ」「メディカルアシスタント」など、さまざまな職業名で求人が出るようになってきました。

とはいっても、まだこのような名称が世の中に広く浸透しているわけではないので、病院によっては「医療系の事務」や「アシスタント」「院長補佐」などの名称で募集していることがあるようです。

医療秘書の求人を探すときは、医療秘書という言葉がなくても仕事が同じような内容であるケースも多いので、求人の内容をよく見てみるとよいでしょう。

採用情報は、医療機関のホームページや公共職業安定所などで探すことができます。

非正規雇用の多い業界

医療秘書の求人募集は、正社員よりも派遣社員や契約社員、パートタイマーのような非正規雇用が多いという現状があります。

これは医療秘書に限らず医療系の事務職全般にいえることではありますが、女性が中心の職場となっているので、結婚や育児、介護との関連で人の入れ替わりも激しく、正社員以外の働き方を望む人も多いという事情もあるようです、

医療系の人材を専門に派遣しているような民間企業もあるので、医療事務や医療秘書として就職を望む人はこのような企業に登録しておいて仕事をあっせんしてもらうという選択肢もあります。

正社員に比べると待遇や給料に関しては十分に保障されていないことも多いのですが、ライフプランに合わせて退職したり再就職したりしやすいというメリットがあります。