イラストレーターに向いている人、適性

絵を描くことを仕事にしたいと思える

イラストレーターにとって、最も基本的かつ大事なことは「絵を描くことが好き」ということでしょう。

イラストレーターになると、朝も晩もひたすら絵のことを考え続けることになるため、「趣味で時々絵を描くことが好き」くらいの気持ちでは、なかなか続けることが難しい仕事です。

少々大げさにいうと、「絵を描くことが自分の使命」くらいに思える人でないと、イラストレーターとして生き続けることは難しいかもしれません。

また、この仕事ではただ好きな絵を描くだけでなく、仕事としてクライアントが望むものを作り上げたいという思いも欠かせません。

相手の期待に応えることで喜んでもらう。そうしたことにやりがいや充実感を得られる人であれば、イラストレーターには十分向いているといえます。

独自の作風を追求しようとする

イラストを描くことを仕事にしている人はたくさんいます。そのなかで選ばれるイラストレーターになるためには、やはり「オリジナリティの追求」が不可欠です。

この世界では、技術的に優れながら「誰でも描けそう」「あまり印象に残らない」などと言われてしまうようなイラストレーターよりも、あまり上手とは言えないかもしれないけれども「一度見たら忘れない」「他の人には描けない」といわれるイラストレーターのほうが、結果的に成功しているケースが多々あります。

最初から「自分らしさ」を見出すことは難しいかもしれませんが、イラストの勉強をしていくなかで、自分にしかできないことを見つけていくことも、イラストレーターにとってはとても大切なことです。

したがって、オリジナリティを追求したいという熱意があるかどうかという点も、イラストレーターとしての適性になってくるといえるでしょう。

プレッシャーに強い

イラストレーターの仕事では、常に納期との戦いとなります。

すんなりと絵が描けるときであればさほど問題はありませんが、いくら考えてもよいものが生み出せないときには、この納期が大きなプレッシャーとなって立ちはだかることがあります。

また、基本的に絵を描くという作業をするときは、自分一人の世界に閉じこもることになります。

自分自身と向き合うという点において、どうしても精神的な負担を感じる場面が多くなるため、そのような状況も楽しめるような人、なるべく精神的に強い人に向いているといえます。

仕事体験談