イラストレーターの就職、求人募集状況

就職状況は厳しめ

イラストレーターのおもな就職先としては、デザイン事務所や広告関連のコンテンツ制作会社、企業の広報部などが挙げられますが、全体的に就職状況は厳しめとなっています。

よく勘違いされるのが、デザインの専門学校やスクールを出てさえいればイラストレーターとして就職しやすいということです。

しかし、実際にはこれらの学校を出たとしても、正社員としてスムーズに就職できている人はあまり多くありません。

まずはアシスタントとして下積み生活を経験したり、他のアルバイトをしながらイラストをたくさん描いて飛躍のチャンスを待つ、といった生活をしている人もたくさんいます。

未経験者の就職はとくに大変

新卒や実務未経験者の採用もゼロではありませんが、イラストレーターは求人自体の数が多くなく、とりわけ条件の良い求人には、優秀な人材の応募がたくさん集まります。

キャリアや経験豊富な人が優先的に採用されやすいため、倍率が相当高くなることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

この業界では学歴以上に、実務経験やスキルが重要視される傾向になります。

実務未経験者の場合、正社員以外の形でも業界に入り込み、現場で経験を積んでいく道を模索することも視野に入れておいたほうがよいかもしれません。

どのような生き方をしたいのか考えておく

イラストレーターは職人的な要素が強い職業であるため、一般的にはフリーランスで活動していくことになります。

自分の力で仕事を得るのは簡単なことではありませんが、見方を変えてみると、実力やセンスさえ備えれば、自由なやり方で、大きく活躍できる可能性を秘めた仕事だということです。

もちろん「組織の中でイラストを描き続けたい!」という強い意思があるのであれば、何とかして良い環境や待遇の下に働ける就職先を見つけるのも、イラストレーターとしてのひとつのあり方です。

また、ある程度企業内で経験を積み、自信をつけたところで独立する人もたくさんいます。

一方、最初からイラストレーターとして独立し、徐々に活動の幅を広げていく人もいます。

いずれにしても、この職業を目指す人のほとんどが会社に正社員として就職できるわけではありませんから、自分自身がどのような生き方、働き方をしたいのかしっかりと考えておくことが大切だといえるでしょう。

仕事体験談