副業のイラストレーター

副業で働く人も多い

イラストレーターという職業は、会社勤めではなくフリーランスでも仕事ができるため、他の仕事をしながら副業として活動している人も多くいます。

副業としてイラストレーターになる人の理由はさまざまです。

「本業だけでは生活が厳しいため、お小遣い稼ぎとしてやりたい」というケースもあれば、「とにかくイラストを描くことが好きで、少しでも仕事としてやっていきたい」というケースもあります。

本業に支障さえでなければ、副業としてイラストレーターの仕事をずっと続けていくことは十分に可能です。

イラストで稼ぐ方法

かつてはイラストレーターというと、本の挿絵やポスターのイラストなどを描く限られた人だけができる仕事と思われがちでしたが、現在は、一般の人が自分のイラストを素材として販売できるWebサービスが登場しています。

このようなサービスを利用すれば、時間をかけずとも、手軽にイラストを投稿販売することが可能です。

ただし、見た人に「このイラストを買いたい!」と思って購入してもらえなければ、収入にはなりません。

また、クラウドソーシングサイトを利用して、イラストを求める企業から仕事を受注する方法もあります。

ちょっとしたイラストや、キャラクター制作の募集は数多く出ているため、企業側に気に入って採用してもらえれば、まとまったお金になることもあります。

このほかには、企業や自治体などがイラストを募集する「公募」に応募して、賞金獲得を目指す方法も挙げられます。

人によって収入は大きく差が出る

上記のように、副業であってもイラストで稼ぐ方法はさまざまな考えられますが、どの程度の収入を得られるかは人によってだいぶ変わってきます。

月に1万円程度の収入にしかならないという人もいますし、毎月10万円以上を安定して稼いでいる人もいます。

副業といっても、イラストレーターの場合、自分のイラストを魅力的だと思ってもらうことが大前提です。

それなりの画力やオリジナリティが求められるといえるでしょう。