女性のイラストレーター

男女で仕事内容に違いはない

イラストレーターとして働くうえで、仕事内容に男性と女性で違いを感じることはほとんどないでしょう。

そして、男性で女性のような絵を描くイラストレーターもいれば、女性で男性のような絵を描くイラストレーターもいます。

漫画の場合、ただ絵を描くだけでなくキャラクターたちがしゃべったり生活をしたりするため、自然と作品に作者の性別が見えてくるケースもよくあります。

しかしながら、イラストの場合は「絵のみ」で表現するため、性別がタッチに出てくることは、それほどありません。

そのため、男性のようなペンネームで活動をする女性イラストレーターや、その逆の人もいるようです。

在宅での仕事も可能

女性の場合、出産や育児中に仕事を続けられるのかということを心配する人も多いようです。

どのような職業であっても、妊娠しながら、あるいは子育てをしながら働くのは大変です。

そうしたことから、一時的に、女性のほうが働きづらくなるときはあるかもしれません。

しかし、イラストレーターは実績や能力さえあれば、フリーランスとして、在宅で何も問題なくできる仕事です。

たとえば家庭に時間をたくさん使わなくてはならない時期は、仕事量を調節して、無理のない範囲で仕事を続けることが可能です。

会社勤めという選択肢しか考えにくい職業よりも、子育てなどで外に出ることができない女性にとっては働きやすい仕事といえるでしょう。

ライフスタイルの変化が良い影響を及ぼすことも

また、イラストレーターに必要とされる「表現力」が、出産や育児などの経験を通じてより深まることもあります。

イラストレーターは、自身の経験したこと、感じたことすべてが糧になる仕事です。

とくに絵本のイラストを描く仕事などは、実際に自分の子どもを産んで育てていくなかで、本質をうまく表現した絵が描けるようになるのかもしれません。

女性でもたくさんのチャンスを掴める

女性にとってイラストレーターという仕事は、

・さまざまな職業のなかでも、出産・育児をしながら仕事がしやすい
・女性ならではのライフイベントを経験して表現力が上がることもある

という特徴があります。

イラストレーターは実力さえあれば、女性でも男性とまったく同等にチャンスを掴み取ることができます。

また、絵のセンスや画力だけではなくクライアントの意図を理解する力、すぐれたコミュニケーション能力を持っている人であれば、大きく活躍することができます。

女性ならではの気遣いや細やかさが、仕事に生かせる場面もたくさんあるといえるでしょう。

仕事体験談