女性のイラストレーター

男女の違いはない

イラストレーターの仕事内容に、男性と女性の違いはほとんどありません。

男性で女性のような絵を描く人もいれば、女性で男性のような絵を描く人もいます。

たとえば漫画の場合、ただ絵を描くだけでなく、キャラクターたちがしゃべったり生活をしたりするため、自然と作品にその人の性別が見えてくるケースもよくあります。

しかしながら、イラストの場合は絵のみで表現するため、性別がタッチに出てくることは、それほどありません。

そのため、男性のようなペンネームで活動される女性のイラストレーターや、その逆の人もいるようです。

ライフスタイルの変化が仕事に良い影響を及ぼすことも

強いていうなら、どんな仕事でも妊娠しながら、あるいは子育てをしながらというのは大変です。そうしたことから、一時的に、女性のほうが働きづらくなるときはあるかもしれません。

しかし、イラストレーターは実績や能力さえあれば、在宅で何も問題なくできる仕事ですから、他の会社に勤める一般の仕事よりも、むしろ子育てなどで外に出ることができない女性にとっては働きやすい仕事といえるでしょう。

また、何よりイラストレーターに必要な「表現力」が、出産や育児を通して、より深まることも多くあります。

とくに、絵本のイラストを描く仕事などは、実際に自分の子どもを産んで、育てていくなかで、本当にいい絵が描けるようになるのかもしれません。

女性でもたくさんのチャンスを掴める

このように、女性にとってイラストレーターという仕事は、

・他の仕事に比べ、出産、育児終了後も仕事をしやすい。
・出産や育児によって、むしろ表現力が上がることもある。

という特徴があります。

そうした面での他の仕事との比較以外では、イラストレーターに関して男女の違いというものは、とくにないでしょう。

実力さえあれば、女性でも男性とまったく同等にチャンスをいただける世界です。絵のセンスや画力だけではなく、クライアントの意図を理解する力や、すぐれたコミュニケーション能力を持っている人であれば、大きく活躍することができます。

女性ならではの気遣いや細やかさが、仕事に生かせる場面もたくさんあるといえます。

仕事体験談