イラストレーターになるために勉強すること

イラストレーターになるためには、どのようなことを勉強すればいいのでしょうか。

ここでは、最低限これだけは学ぶ必要があるといえることを紹介していきます。

デッサンの基本

イラストレーターは、しっかりとした絵が描けなくてはなりません。

イラストの基本はデッサンだといわれています。

とにかく模写を数多くこなしていき、デッサン力を向上させることが、後々イラストレーターとして仕事をするうえでは必ず生きてきます。

デッサンは、筋肉トレーニングのようできついと感じることもあるかもしれませんが、この練習をしっかりとしておくことで、画力向上だけでなく絵を描くスピードも速くなるといわれています。

専門ソフトの使い方

現代のイラストレーターは、アナログではなくデジタルでの仕事、つまりパソコンを使ってイラストを描くことを求められる機会も多々あります。

そのため、スムーズに仕事を進めていくためには、Adobe社の「Illustrator」や「Photoshop」といった専門のソフトを使いこなせることが重要になってきます。

これらは専門学校やスクールで学ぶこともできますが、関連書籍がたくさんでているため、ソフトを自分で買って、独学でスキルアップすることもさほど難しくはありません。

機能はたくさんありますが、毎日たくさんソフトに触っていることで、少しずつ覚えて上達していくでしょう。

サイト作成の知識と技術

イラストレーターは、技術がしっかりしており、オリジナリティある絵が描けるだけでも大きな価値があるものですが、加えてサイト作成の知識やスキルまで身につけていれば強みになります。

できれば、HTMLやCSSの基本程度は理解しておくとよいでしょう。

とくにいずれフリーランスとしてやっていくのであれば、ただ絵が描けることに加えて、グラフィックやWeb制作などの幅広い知識を持っておくと、仕事の幅を広げやすくなるかもしれません。