アルバイトのイラストレーター

アルバイトの仕事内容は?

イラストレーターは人気がある職業ですが、はじめから第一線でバリバリと活躍できる人はさほど多くなく、実力勝負の厳しい仕事でもあります。

現場では、まず「アシスタント」という形で下積み期間を経て、ようやく難しい仕事を任されるようになるということもよくあります。

そのアシスタント期間中は、正社員として雇用されることもありますが、アルバイトとして働くことも一般的です。

簡単にアルバイトとはいっても、会社によってどの程度のスキルや経験を求めるかは異なります。

実務経験がある人が求められることもあれば、未経験者でもPhotoshopやIllustratorといったソフトを扱えるのであればOKということもあります。

仕事内容も、先輩イラストレーターの補佐として簡単な絵だけ描くこともあれば、実力を認められることでメインで使われるイラストを描くチャンスを得ることもできます。

在宅でできる場合も

アルバイトのイラストレーターは、一般的にオフィスや事務所に出勤して、社内で割り振られた業務を進めていきます。

しかし、会社によっては在宅でのアルバイトを認めており、わざわざ通勤をせずとも自分の家で仕事ができる場合があります。

その場合、メールやクラウドソフトなどを利用して会社と進捗状況を報告したり、ファイルのやりとりを行ったりします。

給料は、社内で働くのと同じように時給制で支払われるようです。

顔を合わせずに働くとはいえ、きちんと仕事をこなし、成果を出すことが求められますが、家庭の事情などでなかなか外に出ることが難しい人でも働きやすいスタイルだといえるでしょう。

作品の提出が求められる場合も

デザイン事務所や広告制作会社などでは、イラストレーターのアルバイトの求人を出しているところもよく見られます。

美大やデザイン系の専門学校を出ていなくても応募できるところが多いですが、なかには「課題提出」を条件としていることがあります。

また、面接でどんな絵を描くのかを問われることはよくあるため、自身の作品集は用意しておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談