ホームヘルパーになるには

ホームヘルパー(訪問介護員)は、働くうえで絶対に資格が必要とされる仕事ではありません(ただし、在宅介護の場合の身体介護を除く)。

資格がなくても、訪問介護事業所(ヘルパーステーション)などの介護現場でスタッフとして働いている人も大勢います。

しかし、介護に必要な基本的知識・技術を備えていることを証明する資格として「介護職員初任者研修」があります。

無資格であっても、介護関連の事業所・施設で採用されることはありますが、介護は決して簡単なことではなく、まったく知識がないところからいきなりスタートするのは不安も大きいものです。

そのため、できれば介護職員初任者研修は先に取得しておいたほうがよいという意見が強いようです。

介護職員初任者研修の受講資格

介護職員初任者研修は、従来の「ホームヘルパー2級」に相当する新しい資格です。

基本的に16歳以上であれば、誰でも受講資格はあります。各都道府県の実施要綱に基づき、各都道府県が指定した養成機関で介護職員初任者研修の養成講座を受講し、試験にパスすれば資格を得ることができます。

養成機関には通学制の学校や通信講座などがあり、16歳から60代まで、幅広い年齢層の人が受講しているようです。

介護職員初任者研修の養成講座について

養成講座の受講期間は公的機関や民間によっては多少は異なりますが、3ヵ月〜6ヵ月くらいで終了します。受講費用はだいたい、7万円〜10万円程度となっているようです。

介護施設によっては、働きながら無料で資格を取得させてくれるところもあります。

養成講座は、講義と演習形式で合計130時間のカリキュラムとなっています。講義と演習は一体で実施され、必要に応じて施設の見学などの実習も行われる場合があります。

カリキュラムの最後に、筆記試験による修了評価が行われ、これに合格すれば介護職員初任者研修が取得できます。

どこで受講するか?

公的機関(ハローワーク)などから受講すれば費用はかなり安くなりますが、人員の抽選や受講日を指定されます。

民間(ニチイ学館など)は、ハローワークよりも費用は少し高くなりますが、自分の都合に合わせて入校することができ、さらに資格を取得後、介護施設の就職なども斡旋してしてくれることがあるようです。

介護職員初任者研修は、介護職に就く人にとって最も基本とされる資格です。

介護職員初任者研修を修了し、そこから3年以上の実務経験を積むことでサービス提供責任者になることができたり、将来的に上位資格の実務者研修を取得して、介護福祉士を目指していったりすることもできます。

仕事体験談