ホームヘルパーと介護福祉士の違い

ホームヘルパーと介護福祉士は、いずれも介護職として介護が必要な人のサポートをする仕事ですが、細かく見ていくといくつかの違いがあります。

ここでは、両者の違いについて紹介します。

資格の違い

ホームヘルパーは、介護保険法において訪問介護を行う人のことを指します。

ホームヘルパーの資格は、厚生労働省が定めた事業所で養成研修を受けて取得する「認定資格」です。

現在、ホームヘルパーとしての資格は「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」と、その上位資格に位置付けられる「介護福祉士実務者研修」があります。

認定資格であるため、ヘルパーとして働くうえで絶対に必要とされるものではありません。

一方、介護福祉士は、厚生労働省が定めた介護福祉士養成施設や専門学校を卒業するか、介護福祉士の国家試験に合格して得られる「国家資格」となります。

介護福祉士と名乗るためには、この国家資格を取得する必要があり、認定資格に比べると社会的な評価は高いとされています。

介護福祉士の仕事

資格の取得方法

介護職員初任者研修を取得するためには、130時間のカリキュラムを修了する必要があります。資格の学校などで授業を受け、筆記試験に合格すれば資格を取得することができます。

介護福祉士実務者研修を取得するためには、無資格であれば450時間、介護職員初任者研修修了者は320時間のカリキュラムを修了する必要があります。

介護福祉士を取得するためには、現在、大きく分けて「国家試験を受験して合格すること」と「養成施設を卒業すること」の2種類の方法があります。

なお、上記のうち、養成施設を卒業する道を選んだ場合、これまでは卒業と同時に介護福祉士の資格取得が可能でしたが、2022年度の卒業生からは養成施設ルートを選んだとしても、国家試験を受けることが義務化される見通しです。

いずれにしても、介護福祉士のほうが取得までの時間を要するなど、ハードルは高めとなっています。

仕事の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の仕事内容は、現場ではあまり変わりません。どちらも介護を必要とする高齢者や身体の障害を抱える人に対し、身体介護や生活援助を行います。

しかし、介護福祉士は「ケアワーカー」と呼ばれる現場の責任者になったり、介護者に対して介護の指導を行うことができます。

この先、介護職については介護福祉士に一本化しようという動きも出つつあり、すでに現場でもホームヘルパーからステップアップして介護福祉士を目指す、という考え方をする人もいます。

勤務先、職場での待遇

介護福祉士は居宅サービスの事業所や特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホームなど、就職先を幅広く選択できるのと同時に、正社員として事業所や施設から雇用されることが多いです。

一方、ホームヘルパーのおもな勤務先は訪問介護事業所(ヘルパーステーション)となります。また、雇用形態はパートであることも多いです。

こうしたことから、介護福祉士とホームヘルパーが同じ仕事を行ったとしても、給料は介護福祉士のほうが高額になります。それが、認定資格と国家資格の差でもあるといえるでしょう。

介護福祉士のほうが資格の取得が困難であり、より高度な専門知識・技術を持っていると考えられる分、さまざまな面で優遇されています。

仕事体験談