グラフィックデザイナーに必要なこと、求められるもの

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーになるには、美術大学や専門学校での教育、またはアシスタントとして学びながら勤め、デザインの知識と技術を習得していることが必要です。

中でもソフトスキルとデザイン能力は必要不可欠といえるでしょう。

ソフトを使いこなす技術

グラフィックデザインにはIllustrator、Photoshop、InDesignといったアドビ社のアプリケーションソフトを中心に使用します。

これらのソフトをスムーズに使いこなせなければ、デザイナーとしての業務をまっとうすることはできません。

使い方の解説本なども販売されていますが、細かいコツや裏技もあるため、学校で習ったり現役のデザイナーから習得するのが一般的でしょう。

デザイン能力

そもそもデザインを考案する能力が備わっていなければ広告業界で通用しません。

デザイン能力は、もともとの素養である「美的センス」、構図・配色・文字の配置などのノウハウである「デザイン理論」、いいデザインを見たり情報収集で得られる「インスピレーション」などにより構成されています。

美的センスとインスピレーションは日ごろの心がけで伸ばせるものですが、デザイン理論は学校で学ぶのがもっとも近道だといえそうです。

活躍し続けるために必要なこと

いかに技術やデザイン能力が優れた人であっても、長年デザイナーとして業務を行っていると誰もがワンパターンに陥ったり、無難なデザインを提案しがちなもの。

常に「人の心に響くデザインとは?」を自問し続け、研究や情報収集などの努力を怠らずに、新鮮かつチャレンジングなデザインを発していくことが大切です。

また、近年のメディアの多様化は目覚ましく、インターネットやモバイル、電子書籍などの媒体が市場を伸ばしています。

グラフィックデザイナーも紙媒体にこだわりすぎることなく、新しいメディアの知識や技術を習得してフィールドを広げることも、活躍し続けるためのポイントだといえるでしょう。