ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームのプログラムを組む

ゲームプログラマーは、ゲーム作成においてC++やC言語などの開発言語を用いて、プログラミングをする仕事です。勤務先はゲームメーカーか制作プロダクションです。

ゲームができるまでにはさまざまな人が関わります。ゲームの企画やシナリオ、システムはゲームクリエイターが考え、キャラクターや背景はゲームデザイナーが描きます。

そうしてできあがった企画書や仕様書、デザインに対して、ゲームプログラマーがプログラミングをし、ゲームを作成していきます。キャラクターの動きやサウンドの設定、ゲームシステムの構築など、ゲームが意図したとおりに動くようにプログラミムを組んでいきます。

プログラミングをチェックするチームもあり、プログラムが意図したとおりに動くか確認をします。発見された不具合をゲームプログラマーが繰り返し修正していき、最終チェックが終われば、ようやくゲームが完成します。

ゲームの良し悪しにも影響する

どれだけ素晴らしい企画をゲームクリエイターが作っても、どれだけ素晴らしいCGをCGデザイナーが作ったとしても、結局はゲームプログラマーがいないとゲームは動きません。

もし、プログラミングしている段階でとんでもないバグを埋め込んで発売してしまったら、そのソフトは最早利益を上げることができないほどのダメージを与えてしまいます。ですので、ゲームの良し悪しを決めると言っても過言ではない責任のある仕事内容となります。

プログラミングだけが仕事ではない

ときとして、ゲームクリエイターのような仕事をすることだってあります。理由は簡単で、ゲームプログラマーが一番「できること」と「できないこと」を知っているからです。

ゲームクリエイターの方がプログラマー出身であれば、このようなことはないと思いますが、未経験のクリエイターの場合できないことを企画として持ってくることがあります。それをできるレベルまで落とすという作業が発生し、ときとしてゲームコンセプトすら変えてしまうこともままあります。

従って、ある意味ではゲームプログラマーは企画もする立場の人間でもあります。