福祉住環境コーディネーターのやりがい・楽しさ・魅力

福祉住環境コーディネーターのやりがい・楽しさ

医療や福祉の分野に大きな貢献

福祉住環境コーディネーターの仕事は、医療や福祉の分野に大きな貢献をすることができる仕事です。

バリアフリー化の必要性が叫ばれる今の時代において、エレベーターやスロープ、ユニバーサルトイレを設置したり、段差をなくすためにリフォームしたりすることは、珍しくなくなってきました。

これは、誰もが安全で暮らしやすい社会を実現することに繋がっています。

実際に工事をして生活環境を改善することができたときには、感謝の声を受け取ることもあり、仕事を通して誰かの力になることができたときは、大きなやりがいを感じます。

新しいアイデアを求め続ける

福祉住環境コーディネーターは、さまざまな悩みや要望に応える仕事です。

具体的には「車椅子で生活できるようリフォームしたい」「夜間のトイレが不安なので廊下に手すりやセンサーライトをつけたい」などという悩みを受け、さまざまなアイデアを提案し実行していきます。

一人一人の症状や生活環境に合わせた提案をするためには、常に知識をアップデートしなければいけません。

医療や福祉の分野は日々研究が進んでいるため、病気や障害への新しい治療法が見つかったり介護の方法が変わったりすることは珍しくなくありません。

そして建築の分野では、時代に合わせて建築の素材やデザインの主流が変わっていくことがあります。

また、クライアントの予算に合わせた提案をしなければいけないので、どのような工事ならどれくらいの費用がかかるかということも常にリサーチしておかなければいけません。

たくさんの知識が必要とされる分、常に勉強しなければいけないという大変さはありますが、専門性の高い仕事ができるというやりがいを感じられる魅力的な職業ともいえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターの魅力

活躍の場が広い

福祉住環境コーディネーターは、介護業界や建築業界のさまざまな場で働くことができます。

実際には福祉用品メーカーや工務店、建築事務所などで働く人が多いようですが、経験を積めば行政や介護福祉機関、医療機関などでも働くことができるでしょう。

個人のみならず、グループホームや有料老人ホームなどを建設する際にサポートすることもできます。

自分の実力や興味関心次第で、さまざまな活躍の場があり、仕事の幅も広がっていくでしょう。

将来性のある仕事

福祉住環境コーディネーターは、1999年から始まったばかりのまだできて日が浅い資格です。

認知度はまだ決して高いとは言えませんし、実際に資格を取得しても「福祉住環境コーディネーター」という職種で採用している事業所や企業は非常に少ないです。

ただし、少子高齢化が進む日本においては、介護福祉と住環境の両方の知識を持つ福祉住環境コーディネーターの役割は今後さらに大きくなっていくと考えられます。

潜在的なニーズが多いため、さらに需要の高まりが期待されますし、将来性が大いにある仕事といえるでしょう。