福祉住環境コーディネーターの仕事、業務内容

安心で安全な住まいを作るプロフェッショナル

医療と福祉と建築の知識を併せ持つ福祉住環境コーディネーターは、近年少しずつ注目を集め始めている職業です。

安心で安全な住まいを実現するためのアドバイスができるプロフェッショナルであり、お年寄りが暮らしやすいような住宅のリフォームを提案したり障害のある人が利用しやすい施設を提案したりと世の中のバリアフリー化を進める上で重要な役割を果たしているのが福祉住環境コーディネーターなのです。

病院や保健所などの医療業界、グループホームや福祉用具メーカーなどの介護業界、建築事務所や設計事務所などの住宅業界で働く人たちがこの資格を取得して仕事に生かすことが多いようです。

クライアントの現状を把握

それでは、福祉住環境コーディネーターは具体的にはどのような仕事をするのでしょうか。

ここでは建築事務所でお年寄りの住宅のリフォームの提案をしているコーディネーターの仕事を具体的に見てみましょう。

リフォームの仕事でまず行うのは、クライアントへのヒアリングです。

営業担当者や設計を担当する建築士と一緒に今の住まいにお邪魔して、どのようなところに不便さを感じているか、リフォームでどのような生活を手に入れたいかを丁寧に聞き出します。

クライアントの年齢や持病の有無によって「段差を上り下りできるか」「杖が必要か」「車椅子での生活か」「手の握力があるか」は異なりますし、それに応じて段差や手すりの付け方、ドアの開き方なども工夫が必要です。

右利きか左利きかによって手すりを付ける位置が変わることもあるので、この時点でクライアントの置かれている状況をしっかり把握することが何よりも大切なことといえるでしょう。

提案書を作成

クライアントの現状を把握したあとは、提案書の作成を行います。

間取りを見ながら「夜間にトイレに行くときに真っ暗で怖いと言っていたので、寝室からトイレまで手すりとセンサーライトを付けよう」とか「浴室はタイル張りだと冬は冷たいし転んだときに危ないので、柔らかい素材の床に変えよう」とか「玄関で靴を履くのが大変だと言っていたので、腰かけられるベンチを備え付けよう」など解決策を練りこみながらリフォームの具体案を練ります。

もちろん、リフォームには予算があるので、全てを思い通りにできるわけではありません。

提案がまとまったら何度もクライアントとの打ち合わせを行い、優先事項を確認しながら何度もアイディアを出して予算内で工事ができるように提案を練り直します。

無事に方向性が決まり、実際に工事に入ればあとは工務店に任せることになりますが、途中で何か変更点が生じたときには再度アドバイスを求められることもあります。

最後まで責任を持って見届けるのが福祉住環境コーディネーターの使命です。