福祉住環境コーディネーターの需要・現状と将来性

福祉住環境コーディネーターの現状

昔の日本家屋は玄関や家の中に段差が多く、廊下や階段が狭いことやトイレやお風呂に手すりがないことが当たり前でした。

そして、公共の施設や観光地などにエレベーターやスロープ、ユニバーサルトイレがないことも決して珍しくはなく、こうした事象が改善されてきたのは近年になってからのことです。

高齢者や持病・障害のある人にとっては非常に生活しづらい環境が続いてきましたが、現在では「バリアフリー」や「ユニバーサルデザイン」という考え方が世間にも広がって一般化しつつあります。

少子高齢化が進む中では、こうした環境を改善しようという取り組みが盛んになってきています。

安心安全な暮らしができるように住宅のリフォームを手掛ける企業は急増していますし、医療や福祉の現場でも、こうした観点から問題提起やアドバイスができる人材が求められています。

福祉住環境コーディネーターはまさに今の時代が求める職業といえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの需要

日本では、建築士など建築のプロ、そしてホームヘルパーや介護士など福祉のプロはそれぞれ存在しますが、両方の知識を併せ持つ人はいまだ少ないのが現状です。

建築士のデザインでは入居者にうまくマッチしていなかったり、ホームヘルパーのアイデアがリフォームする上ではうまくいかなかったりということも少なくありませんでした。

しかし福祉住環境コーディネーターがいることで、両方の要望をうまく聞き入れ、適切な住環境を整えることができるようになりました。

今後さらに需要が増え、リフォームや一般住宅だけでなく、公共の施設や商業施設、医療現場などでも活躍すると考えられています。

福祉住環境コーディネーターの将来性

高齢社会が進む日本では、今後在宅医療を選択する高齢者も増えていきます。

高齢者が生活しやすい住環境を整えるために、福祉住環境コーディネーターは知識や技術を常に更新していかなくてはなりません。

医療・福祉・建築という三つの分野を繋ぎながら、より専門性の高い提案ができれば現場で重宝される人材となれるでしょう。

まだまだ知名度の低い職業ではありますが、今後ますます活躍が期待されていることは間違いありません。

福祉住環境コーディネーターの今後の活躍の場

日本は東京オリンピック、パラリンピックの開催を控え、世界中から人が訪れることが予想されています。

とくにパラリンピックの開催にあたっては、身体が不自由な選手も長期的に日本に滞在することになり、どんな人でも快適に過ごすことができるように住環境を整える必要があります。

とくに都内のホテルや競技場、主要な観光地における設備の見直しが急ピッチで進められています。

こうした活躍が認められれば、さらに福祉住環境コーディネーターの認知度は広まっていき、海外で活躍する可能性も広がるでしょう。

グローバル化する社会のなかで活躍したいという人にも、さらにチャンスが広がっていくと考えられます。