ファッションデザイナーになるには

服飾系の専門学校で学ぶ

ファッションデザイナーになるために、何かの資格を取得しなければならない、試験を受けなくてはならないということはありません。

ファッションデザイナーの関連資格として「パターンメーキング技術検定試験」などがあり、そうした資格を取得している人もいますが、その資格がファッションデザイナーになるための決定打にはなりません。

ただし、ファッションデザイナーになるためには専門的な知識や技術が必要ですから、服飾系の専門学校を卒業してからアパレルメーカーなどに就職するというルートが一般的です。

学歴も関係がない世界ですが、多くのファッションデザイナーは専門学校で洋服づくりの基礎を学んでいます。

有名デザイナーは美術系の大学よりも専門学校を卒業している人が多いようです。

主な就職先はアパレルメーカー

ファッションデザイナーにはコンテスト等があり、それらのコンテストに受賞して知名度を上げて独立したりフリーになったりといったことがありますが、ファッションデザイナーには経験も必要なため、専門の学校を卒業してすぐに独立したりフリーになるといったことは難しいところです。

専門学校卒業後はアパレルメーカーに就職し、企業内のデザイナーとして働くのが一般的です。

企業内のデザイナーとしての求人は、一定数あります。

最初からデザインを任されることは少なく、まずはアシスタントとして経験を積むことになります。

繊維や生地などの素材や流行の捉え方などさまざまなことを学び、ファッションデザイナーに必要な知識と経験を身につけます。

華やかなイメージとは異なり、地道な努力が必要です。

また、競争率が厳しい世界であり、自分の好きな服をデザインできるようになるまでの道のりは簡単ではありません。

特に有名ブランドのファッションショーの服をデザインしたり、自分のブランドを立ち上げたりすることができる人は、ごくわずかという厳しい現実があります。

ファッションデザイナーは修行が必要

ファッションデザイナーは人が望む、人が喜ぶデザインをする感性も大事ですが、専門的な知識や技術が必要なために、修行も必要です。

そのため、ファッションデザイナーの中には、3、4年程度勤めた後に別の会社に転職して、いろいろと経験を積む人も多くいます。

多くの経験と実績を重ね、フリーのデザイナーとして活躍している人もいます。

海外に修行に出る人も

ファッションデザイナーの修行をする人の中には、海外留学という形で経験を積む人も少なくありません。

海外には世界的に有名なブランドがたくさんあり、そこには高い実力のあるデザイナーが所属しています。

また、ファッションショーも有名で、オートクチュールのファッションショーとしては最も名前が知られている「パリ・コレクション」も開催されています。

こうした本場のファッション業界で学ぶため、社会人になってから海外のブランドで働きながら修行をすることもありますし、服飾系の専門学校に通う学生が夏休みや春休みなどの長期休暇を利用して海外のデザインスクールに留学することもあります。

海外留学を経験するとデザインの技術や流行の最先端について学べるだけではなく、語学力やコミュニケーション能力を磨くこともできるのが大きなメリットです。

将来的にグローバルな仕事をしたいと考えている人にとっては魅力的な修行といえるのではないでしょうか。

ファッションデザイナーに求められるもの

創造力

洋服は流行を見越してデザインしなければいけません。

そのため、先を読む感覚が必要となります。

そしてそれを独創的なイメージで創造性を持って、デザインを作成していかなければなりません。

洋服が大好きで、常にファッションのことを考えている人が向いています。

手先の器用さ

ファッションデザイナーはデザインをするだけではありません。

縫製を行うこともあるため、手先が器用であると望ましいでしょう。

ファッションデザイナー今後の見通し

年間の品目別支出金額(被服および履物)

1世帯における年間の被服および履物の支出額は、2011年まで減少が続いていましたが、近年は若干増加の傾向にあります。

1世帯当たり年間の品目別支出金額_被服および履物_2014

スピード感が重要に

近年、リーズナブルな服が主流となってきており、アパレルメーカーは経営が苦しいところが増えてきています。

商品のサイクルが早く、ファッションデザイナーはスピード感を持ってデザインをすることが求められています。

デザインのクオリティが高い服が欲しいというのがユーザーのニーズであり、ファッションデザイナーへの期待も高まっています。