女性の電気工事士

女性は圧倒的に少ない

電気工事士は、おそらく皆さんがイメージしている通り男性中心の仕事です。

正確な割合は公表されていないようですが、電気工事会社でも、女性の電気工事士は一人もいないということも珍しくないようです。

ただし、女性が電気工事士になれないというわけではありません。

電気工事士の国家試験は男女関係なく受験できますし、就職する際も男性と同じように採用試験を受けることができます。

現場は男性ばかりで肉体労働が中心

では、この仕事でなぜ女性が圧倒的に少ないのでしょうか。

一番の理由として、「現場仕事は肉体労働が中心」ということがいえそうです。電気工事士は他の建築関係の職業よりは肉体的な負荷が少ないという声も聞かれますが、それでも作業着を着て、身体を動かして働く仕事であることは間違いありません。

それなりの体力がないとついていけないことは確かです。

また、現場は「きれい」や「華やか」とはいえませんし、周囲にいるのもほとんどが男性です。先輩に女性ならではの悩みといったことも相談しにくいところがあります。

そうした環境が平気という人でないと、いざ仕事に就いてもストレスに感じてしまうかもしれません。

電気工事士ならではのやりがいもたくさんありますが、もし女性がこの仕事を目指すのであれば、実態もよく理解しておくことが必要だといえそうです。

女性の電気工事士の需要

電気工事士は、今後もまだまだ男性中心の仕事という点は変わらないでしょうが、一方で女性の需要もあります。

たとえば、一般家庭の照明やエアコンなどの工事を行う場合には「女性のほうが防犯面で安心」と思われることも多いです。とくに女性の単身者や高齢者からすると、女性の電気工事士に対する安心感、信頼感がより大きくなるようです。

女性の就職希望者そのものが少ないため、先方も慎重になり、面接を受ける際には「体力面や労働環境に不安がないか」といった質問を何度も受けるかもしれません。しかし、女性の活躍を応援する企業も増えているため、自信を持って答えれば採用につながっていくでしょう。

仕事体験談