税理士と公認会計士の違い

お客さまの違い

「税理士」と「公認会計士」は、どちらも税や会計のプロフェッショナルです。

さらにどちらも国家資格ということもあり、このふたつの職業の違いがわからないという人も多いかもしれません。

しかし実際、業務内容や役割には違いがあります。

税理士の代表的な仕事は、税務署に申告する書類の作成や、実際に申請を行う「税務」です。

税金の納付は企業の規模にかかわらず必ず行うものであるため、顧客は中小企業や個人が中心です。

これに対して、公認会計士の代表的な仕事は、企業が決算書に正しい数字を書いているかどうかをチェックする「監査」です。

「監査」は株式を上場しているような、ある程度の規模がある企業に対して行うものであり、必然的に大企業が顧客になることが多くなります。

同じ会計職でも、中小企業の「納税」に携わることが多いのが税理士、大企業の「監査」に携わることが多いのが公認会計士です。

公認会計士の仕事

公認会計士は税理士業務もできる

しかし、公認会計士のなかには、税理士事務所を開いて税理士として働いている人もいます。

その理由は、公認会計士の試験内容には税に関するものも含まれていることから、公認会計士の資格を取得すると、同時に税理士としての資格も与えらるということが挙げられます。

つまり、公認会計士は、税理士会への登録さえ行えばいつでも税理士として働くことができます。

一方で、税理士の資格はあくまでも税務に関する専門知識や技術を持っていることを証明するものであり、公認会計士の代表的な仕事である「監査」については業務外になります。

税理士の資格を取っても、公認会計士として働けるようにはなりません。

公認会計士は税理士にもなれるけど、税理士は公認会計士にはなれないという、少し複雑な関係にあります。

そのぶん、公認会計士の方が税理士よりも試験の難易度が高いといわれています。

ただし、こうした制度は日本独自のものであり、今後、公認会計士と税理士の資格取得の方法や仕事内容の分け方について、制度が見直される可能性もあります。