税理士は文系、理系どっちが有利?

文系の人が多い

税理士という職業は、基本的に文系に属するものと考えられています。

実際、活躍中の税理士の大半は大学の文系出身であり、なかでも経営学部や商学部(あるいは学科)出身の人が多いようです。

上記の学部では、会計や簿記論、財務諸表論、財務などに関して専門的に学ぶことができるため、税理士の仕事内容と近しいところが多いです。

専門的な税理士試験の対策にもなるため、将来は絶対に税理士になりたいと考えているのであれば、このような学部で学んでおくとよいでしょう。

税理士試験の受験資格には要注意

ただし、税理士試験の受験に際して、学部や学科に制限はありません。

文系や理系はもちろん、どのような学部で学んだ人であっても、同じように試験を受けることができます。

税理士試験対策のために、民間の専門学校とダブルスクールで学ぶ人も多いため、大学で必ずしも専門的に勉強していなくてはならないということはありません。

ただし、税理士試験には、いくつかの受験資格があります。

多くの人が選ぶ「大学や短大を卒業した場合」のルートで税理士試験を受けようとする際には、受験資格として

「法律学または経済学を主たる履修科目とする学部・学校を卒業した者」
「それ以外の学部・学校を卒業した者で法律学または経済学に属する科目を1科目以上履修した者」

があるため、少なくとも法律学や経済学の科目を履修できる学部を選ぶ必要があります。

ただし、「日商簿記1級」もしくは「全経簿記上級」に合格していれば、法律学や経済学を履修していなくても受験が可能です。

事前に、税理士試験の受験資格をよく確認しておくとよいでしょう。

理系から税理士になれる?

もちろん、理系であっても税理士になることは可能です。

一般教養科目などで法律学や経済学を履修すれば税理士試験の受験資格は満たしますし、スクールに通うなどで自主的に税理士試験の勉強を行い、合格を目指すことはできるでしょう。

なお、数字が得意であることは、税理士として働くうえでも強みとなります。

そういった点では、理系の強みを生かすこともできるでしょう。

ただし、実務では顧客にコンサルティングを行うこともあるため、人と話すのが苦手という場合には、早いうちからコミュニケーション力も磨いておくことをおすすめします。