スポーツトレーナーの活躍の場・就職先

プロチームの契約スタッフ

プロ野球の試合では、スポーツトレーナーが一人ずつベンチに入っています。そして、打者がデッドボールを受けて痛がった時など、患部を冷やすためのスプレーを手に飛び出していきます。

プロ野球の球団が、スポーツトレーナーと契約するようになったのは戦後間もない頃です。当時は1球団1人〜3人ずつで、そのほとんどが鍼灸マッサージ師。マッサージや鍼を中心に選手の体をケアしていました。

1960年代からアメリカのトレーニング理論が入って来ると、スポーツトレーナーの知識や技術が向上し、体づくりや運動機能の拡大なども担当するようになりました。球団で働くトレーナーの人数も徐々に増え、現在は多い球団で12人、少ない球団でも8人が働いています。

サッカーのJリーグや、バスケットボールのbjリーグなどでも、各チーム数人のスポーツトレーナーと契約しており、スポーツトレーナーの活躍の場としては、まず、国内のプロチームがあります。

企業チームの契約スタッフ

日本では多くの企業が、さまざまな競技チームを運営しています。特に全国レベルのチームには、スポーツトレーナーと契約しているところが多いです。

企業チームのスタッフとして契約できれば、たいてい収入面で安定しており、スポーツトレーナーにとっては魅力的な職場となります。

全国のクラブチームや大学、高校などのチームでも、スポーツトレーナーと契約しているところが増えています。しかし、アマチュアチームのほとんどは、スポーツトレーナーと個人的に契約するほど金銭的な余裕がありません。

そのため、病院や整体院、スポーツジムなどに所属するスポーツトレーナーを安い費用で派遣してもらうことが多いです。

病院や整体院からの派遣

スポーツトレーナーにとって、最も魅力的な就職先は、やはりプロや企業チームの契約スタッフでしょう。しかしながら、契約できる人数が限られているため、新たに就職するには非常に狭き門です。

病院や整体院、スポーツジムなどに就職し、そこから各チームへ派遣されるというのが、スポーツトレーナーとして働く現実的な選択になります。

海外で活躍する人も

最近は、アメリカやカナダの野球やバスケット、アメリカンフットボールなどのプロチーム、さらには大学やクラブチームでスポーツトレーナーとして働く人も増えています。

欧米は、日本と比べてスポーツトレーナーの地位が高く、複数のアマチュアチームと契約して生活しているフリーのスポーツトレーナーも少なくありません。