心理カウンセラーの仕事内容、役割

心のトラブルに寄り添い、解決に導くお手伝いをする

心理カウンセラーとは、ストレスなどによる心のトラブルを抱えるクライアントに対し、心理面からサポートをするスペシャリストのことをいいます。

ひきこもり、不登校、摂食障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など、心のトラブルにはさまざまなものがあり、それらを引き起こす要因となるものや背景は、クライアントによってまったく異なります。

また、目に見える症状が出ていなくても、学校や職場、家庭などあらゆる場所で、日々ほんの小さな悩みや不安を抱える人は大勢います。

たとえ小さな心の問題であっても、それらが積み重なったり、複雑化してくると重症化することもあるため、トラブルの種を早期に摘み取るということは、人々が心身の健康を保ち、元気に生きていくうえでとても重要なことです。

心理カウンセラーは、このようなあらゆる心のトラブルを抱える人に対し、心理学に関する専門知識を生かして「カウンセリング」を行います。

カウンセリングは日本語でいえば「相談」という意味にあたり、クライアントと向き合う際の基本となります。

そのなかで、「行動療法」「精神分析療法」といったさまざまな心理療法を実践しながら、クライアントが抱えている心の問題を、クライアント自身が解決できるように手助けしていきます。

多様な領域で活躍できる

心理カウンセラーは、大きく分けて「医療」「教育」「司法」「福祉・公衆衛生」「産業」「研究」の6つの領域で活躍しています。

ひとくちに「心理カウンセラー」といっても、どの領域で働くかによって、求められるものは異なります。

たとえば、心理カウンセラーの資格にはさまざまなものがありますが、産業領域であれば「産業カウンセラー」、教育領域であれば「キャリアカウンセラー」といった資格が必要とされたり、持っていることで就・転職に有利になることがあります。

産業カウンセラーの仕事
キャリアカウンセラーの仕事

なお、どの領域で活躍する場合にも生かせるとされる資格が、心理系の資格の中では最も権威があるとされる「臨床心理士」です。

臨床心理士の仕事

そのほか、医療領域で働く場合には、カウンセリングの技法などに加えて医学的な基礎知識まで求められたり、司法領域では犯罪心理学の知識も必要となるなど、目指すところによって学ぶべきことは変わってきます。