心理カウンセラーの仕事内容、役割

心理カウンセラーの仕事とは

心理カウンセラーとは、ストレスなどによる心のトラブルを抱えるクライアントに対し、心理面からサポートをするスペシャリストです。

さまざまな悩みや不安などを抱えるクライアントに対して「カウンセリング」を行い、「行動療法」「精神分析療法」といったさまざまな心理療法を実践しながら、クライアントが抱えている心の問題を、クライアント自身が解決できるように手助けしていきます。

心理カウンセラーは、大きく分けて「医療」「教育」「司法」「福祉・公衆衛生」「産業」「研究」の6つの領域で活躍しています。

子どもからお年寄りまで、あらゆる年代・立場の人にとって心理カウンセラーは必要とされているといえます。

なお、ひとくちに「心理カウンセラー」といっても、どの領域で働くかによって、仕事の流れや求められる資格・スキルなどには違いが出てきます。

心理カウンセラーの業務の内容

カウンセリングが基本

心理カウンセラーの業務の中心になるのが、「カウンセリング」です。

カウンセリングは日本語でいえば「相談」という意味にあたり、クライアントと向き合う際の基本となります。

クライアントが何に悩んでいるのか、どういう心の状態にあるのかを把握するために、カウンセリングは慎重に行われます。

そのなかで、「行動療法」「精神分析療法」といったさまざまな心理療法を実践しながら、クライアントが抱えている心の問題を、クライアント自身が解決できるように手助けしていきます。

指示や押しつけはしない

カウンセリングでは、心理カウンセラーはクライアントの話をきちんと聞き、共感することを大事にします。

「こうしなさい」と自分の考えを押しつけたり、指示を出したり、クライアントの言葉を否定したりはしません。

あくまでも相手の話を理解・共感しながら心理学の専門知識とスキルを生かして、クライアント自身が考えを整理し、自分で問題を解決していけるための手助けを行います。

心理カウンセラーの役割

心理カウンセラーとは、ストレスなどによる心のトラブルを抱えるクライアントに対し、心理面からサポートをするスペシャリストです。

ひきこもり、不登校、摂食障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など、人の心のトラブルにはさまざまなものがあり、それらを引き起こす要因となるものや背景は、クライアントによってまったく異なります。

また、目に見える症状が出ていなくても、学校や職場、家庭などあらゆる場所で、日々ほんの小さな悩みや不安を抱える人は大勢います。

たとえ小さな心の問題であっても、それらが積み重なったり、複雑化してくると重症化することもあるため、トラブルの種を早期に摘み取るということは、人々が心身の健康を保ち、元気に生きていくうえでとても重要なことです。

心理カウンセラーは、このようなあらゆる心のトラブルを抱える人に対し、心理学に関する専門知識を生かして「カウンセリング」を行いながら、問題解決のためのサポートをします。

心理カウンセラーの勤務先の種類

心理カウンセラーが活躍できるおもな領域

心理カウンセラーは、大きく分けると以下のような領域で活躍することができます。

医療

総合病院の精神科、心療内科、メンタルクリニックなどに勤務します。

「医療カウンセラー」や「ソーシャルワーカー」などとして働くこともあります。

教育

学校などの教育機関で、児童や生徒、あるいはその保護者や教員に対してカウンセリングを実施します。

いわゆる「スクールカウンセラー」の立場となります。

司法

家庭裁判所、少年鑑別所、刑務所、警察関連機関などの行政機関を中心に働きます。

福祉・公衆衛生

児童相談所や老人保健施設などのさまざまな福祉施設で働きます。

心理カウンセラーの専門知識・スキルを生かしながら、「ソーシャルワーカー」「福祉職」「相談員」「福祉行政職」などの名称で働く人もいます。

産業

企業内の相談室などに勤務し、「働く人」の心のケアに携わります。

この領域で働く心理カウンセラーは一般的に「産業カウンセラー」と呼ばれます。

研究

大学の教授や講師として働いたり、大学内の学生相談室などでカウンセリング業務に携わったりします。

働く場によって求められる資格・スキルなども異なる

ひとくちに「心理カウンセラー」といっても、どの領域で働くかによって、仕事の流れや求められる資格・スキルなどは異なります。

たとえば、心理カウンセラーの資格にはさまざまなものがありますが、産業領域であれば「産業カウンセラー」、教育領域であれば「キャリアカウンセラー」といった資格が必要とされたり、持っていることで就・転職に有利になることがあります。

産業カウンセラーの仕事
キャリアカウンセラーの仕事

なお、どの領域で活躍する場合にも生かせるとされる資格が、心理職における唯一の国家資格である「公認心理師」や、心理系の民間資格の中では最も権威があるとされる「臨床心理士」です。

公認心理師の仕事
臨床心理士の仕事

そのほか、医療領域で働く場合には、カウンセリングの技法などに加えて医学的な基礎知識まで求められたり、司法領域では犯罪心理学の知識も必要となるなど、目指すところによって学ぶべきことは変わってきます。

心理カウンセラーの就職先と活躍の場

心理カウンセラーの仕事の流れ

心理カウンセラーの仕事の流れは、働く施設や企業などによっても異なりますが、だいたいは以下のようになります。

まずは、心の不調や悩みを抱えるクライアントから依頼を受けて、カウンセリングの日程を決めます。

カウンセリング当日は、施設内の相談室やカウンセリングルームでクライアントを待ち、1対1での対話を行っていきます。

カウンセリングの基本は「傾聴」「共感」「受容」です。

「傾聴」は、相手の意見や考えを否定せず、そのまま受け入れる姿勢です。

心理カウンセラーに対して自分の悩みを丸ごと話せるクライアントは決して多くなく、緊張や不安などでいっぱいになってしまう人も少なくありません。

だからこそ、心理カウンセラーにはゆっくりと時間をかけて相手の話を聞き、よき理解者になる姿勢が必要とされます。

「共感」は、クライアントの気持ちを理解しようとする姿勢です。

孤独感を抱えているクライアントに対して、心理カウンセラーは、クライアントが感じているつらさ、苦しみに寄り添うことを大事に考えます。

そして「受容」は、クライアントの気持ちを受け止めることです。

クライアントは、自分をそのまま受け止めてくれる相手がいると実感できることで安心し、問題に対して前向きに取り組もうという意欲が生まれます。

この3つのポイントを押さえたうえでクライアントに合った心理療法を実践し、何度もカウンセリングを繰り返し、クライアントの状態をより良い方向へ導きます。

心理カウンセラーと関連した職業

心理カウンセラーとセラピストの違い

心理カウンセラーと関連した職業のひとつが、「セラピスト」です。

セラピストは、民間療法のセラピーを実施することで心身の不調やストレスを抱える人を癒やす仕事です。

セラピーには、有名なアロマセラピーのほか、カラーセラピーや森林セラピー、絵本セラピー、動物セラピーなどさまざまなものがあります。

セラピストの業務の一部として心理カウンセリングが含まれることもあるため、両者の役割は近しい面もあるといえるでしょう。

しかし、心理カウンセラーがクライアントとの会話を重視しながら相手に共感をし、クライアント自らが問題解決に向かっていくサポートをするのに対し、セラピストは癒やしを目的とした施術を実施します。

心理カウンセラーは、基本的にクライアントに対して「こうしなさい」などと言うことはありませんが、セラピストの場合、問題解決になるような具体的なアドバイスを相談者に提示することもあります。

なお、どちらの職業も働くうえで絶対に必要な資格はありませんが、専門性を高めていくための勉強が必要です。

セラピストの仕事

心理カウンセラーと臨床心理士・公認心理師の違い

もうひとつ、心理カウンセラーと似た職業といわれるのが「臨床心理士」です。

わかりやすく考えると、さまざまな種類の心理カウンセラーの中に、臨床心理士が存在するといえるかもしれません。

臨床心理士は資格の名称でもあり、定められた大学や大学院で心理学を専門に学び、臨床心理士試験に合格して資格認定された人のことをいいます。

一方、心理カウンセラーは正式には職業名ではなく、臨床心理士をはじめとするさまざまな心理系の資格を持っている人や、心理カウンセリング業務に携わる人のことを総称して、こう呼ぶことが多くなっています。

また、臨床心理士と近しい職業に「公認心理師」があります。

公認心理師は、業務内容や役割としては臨床心理士と似たようなものとなっていますが、日本の心理職における初めてかつ唯一の国家資格として、2018年より新たに試験がスタートした資格です。

さまざまな心理カウンセラーのなかでも、臨床心理士と公認心理師は、社会的な評価も高く、就職・転職の際にも有利になる資格です。

臨床心理士の仕事

心理カウンセラーと精神科医の違い

心理カウンセラーと精神科医は、どちらも人の心に深くアプローチし、人が抱える不安や悩みを解決するために力を発揮していく仕事です。

しかし、両者にはさまざまな違いがあります。

最も大きな違いは、精神科医は「医師」の一種であるため、心の病を患う患者さんに対して病気を診断して薬を処方できるということです。

精神科医になるには大学の医学部で6年間学び、医師国家試験に合格し、さらに研修医としての経験も積まなくてはなりません。

一方、心理カウンセラーは医師ではなく、なるために必須の資格もありません。

カウンセリング等を通して相手の心の問題に触れていきますが、医学的な治療や投薬を行うことは認められていません。

心理カウンセラーはクライアントの話を聞き、さまざまな心理検査を行いながら、クライアント自らが問題と向き合い、より良い方向へ進んでいくための支援を行っていきます。