心理カウンセラーの給料・年収・収入

代表的な職場における平均給与

ひとくちに心理カウンセラーといっても、活躍の場は病院、学校、企業、福祉施設…などさまざまです。

人それぞれ勤務先が異なれば、それによって働き方や具体的な業務内容も違うため、給料や年収にも差が出てきます。

ここでは、心理カウンセラーの代表的な職場における給料の相場について紹介します。

学校でスクールカウンセラーとして働く場合

スクールカウンセラーの多くは、「非常勤職員」という立場で働きます。そのため、給料は月給制ではなく「時給制」が基本となっており、時給3,000円〜5,000円程度が相場といわれています。

非常勤であるために、月の稼ぎは15万円に届かないこともありますが、複数の学校での勤務を掛け持ちするような人は、比較的多くの収入を得ているようです。

企業で産業カウンセラーとして働く場合

産業カウンセラーは、勤務先となる企業の給与体系に応じて毎月固定の給与が支払われるのが一般的です。

平均年収は300〜400万円程度がボリュームゾーンといわれており、その企業に勤める他職種の人と同程度の給与になるものと考えられます。

ただし、大企業の人事職などに就いて昇進していくと、年収1000万円を超えることもあります。

病院のソーシャルワーカーとして働く場合

ソーシャルワーカーといっても多様な職場がありますが、その多くは「社会福祉士」あるいは「精神保健福祉士」という国家資格を取得したうえで働いています。

年収は300万円前後が相場といわれていますが、職場によっては専門職として手当を別途支給していたり、基本給自体を若干高めに設定されていることもあるようです。

資格があっても高収入が得られるとは限らない

心理カウンセラーという名称は実に広い意味を持っており、「心理学の知識を生かして人の相談にのる人」のこと全般を指すために使われることが多くなっています。

まだ国家資格がないことから、心理職が社会の中で確固たる立ち位置を築き上げたとはいえない面もあり、勤務先によって心理カウンセラーに対する価値の置き方や考え方も異なります。

そのため、心理カウンセラーの資格を持っていても、その資格の価値が給与に反映されていなかったり、あまり恵まれていない待遇で働かなくてはならないこともあります。

ただし、心理系の資格の中では最も難易度が高いとされる「臨床心理士」の資格が必要とされる職場においては、より良い給与が提示されることもあります。