視能訓練士になるには

視能訓練士の国家試験には受験資格がある

視能訓練士として働くためには、視能訓練士国家試験に合格することが必要です。
視能訓練士国家試験の難易度、合格率

視能訓練士の国家試験には受験資格があり、

・高等学校卒業+指定の視能訓練士養成施設で3年間以上学ぶ(大学は4年制、専門学校は3年制)
・大学、短大、医療系保育系専門学校卒業+指定の視能訓練士養成施設で1間以上学ぶ
・外国で視能訓練士養成学校を卒業

の3つの中のいずれかを満たすこととされています。

ですので、視能訓練士を目指すならば、最初に視能訓練士養成施設を探すのが一般的です。視能訓練士養成施設では資格試験のために規定された授業が行われるので、全国どこの養成施設を選んでも内容・難易度は同じです。

視能訓練士資格は取得が大変なぶん、需要が高い

受験資格を得るために養成機関に長期間通わなければならないため、資格取得を考え始めてすぐになれる職業ではありません。

今のところ、日本の視能訓練士養成施設の中に夜間課程を設けているところはありますが、通信課程は設置されておらず、たとえ夜間課程であっても臨床実習は昼間に行わなければいけません。

夜間課程に通う場合は、例えば臨床実習の期間は仕事を休むなどしなければいけないため、特に計画性が必要です。

逆に、受験資格を得るまでに年月がかかることが、視能訓練士の需要を高い水準に保っています。視能訓練士資格取得後は、眼科などの医療機関の求人に応募し、採用を待つこととなります。

求人数はけっして多くはありませんが、視能訓練士の人数が少ないため、就職先に困ることはあまりないようです。全体の約半数が眼科診療所に就職し、そのほかは、私立病院、私立眼科病院、私立大学病院の順に就職数が多くなっています。

視能訓練士資格は有効期限がありませんので、基本的には一生涯そのまま働くことができます。

視能訓練士に求められる能力

<根気>
視能訓練士は矯正訓練によって、目のリハビリテーションを行います。すぐには効果が出ないことも多く、繰り返し訓練を指導していく必要があるので、根気がある人が望まれます。また、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に対して訓練を行うため、親しみやすさも求められます。

<正確さ>
検査の結果は、治療方針に大きく影響するため、ミスが許されません。多くの検査を正確かつ迅速に行うことが求められます。

視能訓練士の今後の見通し

高齢化社会を迎え、目に問題がある人が増えてきています。医療の専門科が進み、眼科の専門科である視能訓練士の需要は拡大してきています。

有資格者数は増えてきているものの、まだ人数が足りないと言われており、特に眼科診療所において視能訓練士が必要とされています。

視能訓練士の人数

視能訓練士の有資格者数は、近年増加の傾向にあります。2010年時点において視能訓練士の資格を持つ人は9,351人になりました。
視能訓練士有資格者数の推移2010のグラフ

視能訓練士の男女比

視能訓練士の男女比の推移をみると、1993年に2.4%だった女性の比率が、2010年には11.1%まで上昇しています。それでも他の医療職と比較すると低い比率であり、今後女性の比率が上昇していくことが想定されます。
視能訓練士 男女比の推移2010のグラフ

視能訓練士の需要

社団法人日本視能訓練士協会の調査によると、「現在、勤務している施設で、常勤の視能訓練士の人数は足りていると感じていますか」という設問に対して、「足りている」と答えた人は61.8%。「足りていない」は35.8%となっています。

なお、常勤の視能訓練士の人数が足りないと感じる理由で最も多いのは「眼科一般検査、訓練などの業務が多い」62.7%でした。その他は、「外来患者数が多い」59.8%、「事務業務が多い」15.9%などの理由が挙げられています。
視能訓練士の人数の状況2010のグラフ

勤務形態の推移

勤務形態の状況は、2010年時点では常勤で働く人の割合が若干増えて71.0%となっています。非常勤で働く人は11.7%、勤務をしていない人は17.3%となっています。