視能訓練士のやりがい・楽しさ・魅力

視能訓練士のやりがい・楽しさ

患者さんに寄り添い、目の見え方に貢献できる

患者さんは、特に高齢者になると目の見え方が不自由になることに対して大きな不安を覚えることがあります。

視能訓練士の仕事はそんな患者さんの悩みや不安に寄り添い、訓練等を通じて患者さんの目の見え方を改善することに貢献できます。

目の不自由さは生活の質を大きく下げる要因の1つであり、視能訓練士が患者さんに適した検査や訓練を行うことによって目の見え方を改善することができれば、患者さんの生活の質を向上・維持することに寄与できるのです。

患者さんの笑顔・喜びに関わることができる

前述のとおり、目の見え方の不自由さは生活の質を下げ、患者さんにとっては大きな不安となってしまいます。

視能訓練士の仕事によって患者さんの目の見え方が改善されれば、多くの患者さんは不安を解消し、笑顔を取り戻すことができるでしょう。

視能訓練士はそんな患者さんとの関りの最前線にあるため、真っ先に患者さんの笑顔に触れることができる仕事になるのです。

患者さんとのコミュニケーションを楽しむことができる

視能訓練士は、検査や訓練を通じてさまざまな患者さんと直接かかわりを持つ仕事です。

世の中の仕事の中には人と関わることが少ない仕事があり、人によっては相性がとても悪く、その結果仕事が長続きしないというケースも珍しくありません。

前述のとおり視能訓練士の仕事は患者さんの笑顔に直結する仕事であり、患者さんに寄り添って一緒にその悩みを解決していくという深い関りの中で仕事を進めることになります。

患者さんの幸せに直結する仕事に就きたい、人の生活をより豊かにすることができる実感を得たいという人にとって、視能訓練士は魅力ある仕事の1つとなるでしょう。

視能訓練士の仕事内容

視能訓練士の魅力

残業・夜勤が少ない

視能訓練士の仕事は、基本的に「残業」や「夜勤」がありません。

仕事は勤務先となる医療機関の診療時間に依存し、急患が少ない眼科医が中心となるので残業や夜勤は少ないです。

ただし、勤務時間後の院内研修や、休日の勉強会参加などもありますので、その点は考慮する必要があります。

しかしながら、そうした勉強に費やす予定は前もって決まっていることがほとんどなので、プライベートの時間を予想外の仕事によって潰される機会はほとんどないといえます。

最新の眼科医療に触れることができる

前述のとおり、視能訓練士は院内研修や勉強会への参加が必要になります。

その際、最新の眼科医療に触れる機会が多く、新しい眼科医療の知識や技術を習得することができるのです。

その知識・技術は医療の現場において患者さんにフィードバックされることになるため、頑張って勉強するほど「患者さんに貢献できる」「患者さんの笑顔に触れる」という視能訓練士のやりがいをより充実したものにしてくれます。

勉強は決して楽なことではありませんが、自身の仕事とその結果としての患者さんの生活の変化に直結するため、やりがいは十分に感じられるはずです。

国家資格の合格率が高い

視能訓練士は国家資格の1つです。

医療系の国家資格となると「合格率が低い」「狭き門」というイメージがあり、何度も資格試験に挑戦するという苦難の道を想像してしまう人が多いのではないかと思います。

しかし、視能訓練士の資格は合格率が高いことでも有名であり、きちんと勉強していれば高い確率で合格することができます。

実際、眼科看護師をしながら視能訓練士の勉強をして合格したという人も珍しくなく、やる気があれば誰でも視能訓練士を目指せるというメリットがあります。