視能訓練士の1日・生活スタイル

視能訓練士の業務スケジュール

視能訓練士の業務スケジュールは、勤務している医療機関等の施設の業務スケジュールと、その日の来院・検査内容によって大きく異なります。

基本的に「出勤・午前の診察」「昼休憩」「午後の診察・退勤」というブロックで1日のスケジュールが進行します。

場合によっては特殊な器具を使用する検査を行う場合もあり、その場合には前日のチェックが欠かせません。

他の医療関係者と異なり、「残業」や「夜勤」は少なく、ある程度決まった就業時間で一定しますが、日によっては業務終了後に院内研修などを行うケースもあります。

休日は勤務先の診療スケジュール等に依存しますが、自主的に勉強会に参加する必要があるため、場合によってはかなり不定期な休日スケジュールになる可能性があります。

医療機関で働く視能訓練士の1日

ある眼科医で働く視能訓練士の、ある1日のスケジュール

今回は、ある眼科医で働く視能訓練士の、ある1日のスケジュールについて解説します。

7:30 出勤
出勤し、制服に着替えをします。

その日のスケジュールが忙しい、または何か準備しなければならないことがある日は、その分だけ早めに出勤して時間を確保します。

8:00 引継ぎ・準備
必要な引継ぎを行い、業務に支障が出ないようにします。

カルテや必要器具の準備など、その日の業務に関わる道具類の準備を行います。

8:30 ミーティング
全体ミーティングを行い、その日の来院予定や治療内容など、情報共有を行います。
9:00 午前の診察開始
この眼科医では、午前中の診察は「初診」あるいは「症状が軽く、診察時間の短い患者さん」が中心になることが多いです。

そのため、午後の診察と比較して診察する患者数が多くなる傾向にあります。

12:30 昼休憩
力仕事ではないとはいえ、集中して検査等をこなすためには英気を養う必要があります。

この時間は、他のスタッフとの情報共有の場としても活用されます。

14:00 午後の診察開始
午後の診察は「大掛かりな検査が必要な患者さん」や「子どもの視能矯正」などが中心になります。
17:00 診察終了・片付けと翌日の準備
診察予定がすべて終了したら、片付けと清掃、翌日の検査の準備などを行います。

必要に応じて引継ぎや情報共有なども済ませておきます。

17:30 退勤
業務や引継ぎ等がすべて完了したら、退勤となります。

残業について

視能訓練士として働くうえで、「残業」をすることはほとんど無いようです。

例えば「その日の診察が遅くなってしまった」「翌日の準備に時間がかかった」といった事情があれば残業するケースもありますが、そうでなければ定時に退勤できるケースが多いです。

視能訓練士を目指す学生の1日

ある専門学校で視能訓練士を目指している学生の、ある1日のスケジュール

ある専門学校に通い、視能訓練士になるための勉強をしている学生の、ある1日のスケジュールについて解説します。

通学
学校に向かい、その日のスケジュールを確認します。
午前・講習
その日の午前中は「講習」の時間となっています。

座学にて、視能訓練士になるための知識を身につけます。

昼休み
学校内で弁当を購入して食べることが多いようです。

昼休みの時間は午後のスケジュールの確認や、学友との時間に費やします。

視能訓練士は同僚や眼科医とのコミュニケーションが必要な仕事なので、コミュニケーション能力を身につけるためにも昼休みの時間は重要です。

午後・実習
その日の午後は「実習」の時間となっています。

視能訓練士として必要な実技技能を身につけるための時間です。

放課後・帰宅
その日の日程がすべて終了したら、放課後となります。

友人との時間に費やすもよし、勉強のために早く帰宅するのもよし、視能訓練士を目指す人の中にも放課後の使い方は千差万別です。

学校の近くに住むのが有利?

視能訓練士の資格合格率は高いとはいえ、しっかりと勉強しなければ合格することも難しいでしょう。

そうなると、少しでも勉強に割ける時間は多いに越したことはありません。

学校の近くに住むことで通学にかかる時間を削減できれば良いのかといえば、そうでもないようです。

この専門学校生は通学に1時間30分かかっているようですが、通学中の電車やバスの中で勉強できるので、必ずしも学校の近くに住むことが勉強に有利だとは感じていないようです。

院内研修や院外での勉強会にも参加

視能訓練士に限った話ではありませんが、医療に従事する人の役目として「院内研修」や「勉強会」に参加し、知識や技術を身につける必要があります。

基本的に院内研修は通常業務の終了後、勉強会は休日を使って参加することになります。

その分だけプライベートの時間が削られることになりますので、プライベートを第一に考える人には視能訓練士の仕事は重荷に感じる可能性があります。

眼科医療は、高齢化の進行や眼科医療技術の進歩に伴い、その需要と最新の知識・技術の習得の必要性が求められています。

患者さんに適切な眼科医療を提供し、視能訓練による生活の質の改善を目指すためにも、研修や勉強に積極的に参加し、現場にフィードバックする必要があります。

視能訓練士の勤務時間・休日