視能訓練士になるには・どんな資格が必要?

視能訓練士になるまでの道のり

視能訓練士になるためには、高校を卒業してから大きく分けて3つの道のりがあります。

具体的には、以下の道のりをクリアすることによって視能訓練士になるための「国家資格」の受験資格を得ることができるのです。

視能訓練士養成施設を卒業する

高校卒業後に、指定の視能訓練士養成施設で3年以上必要な知識や技術を修得し、卒業する必要があります。

短大卒以上で、視能訓練士養成所で1年以上修業する

高校卒業後に大学や短大、または看護師保育士の養成機関で指定科目を履修した後、指定の視能訓練士養成施設で1年以上、必要な知識や技術を修得する必要があります。

外国の視能訓練士の学校を卒業

あまりメジャーではないかもしれませんが、3つ目の道のりとして「外国の視能訓練士の学校を卒業」という方法があります。

厳密には「外国の視能訓練士の学校を卒業した者」または「外国で視能訓練士の免許に相当する免許を受けた者で、日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると厚生労働大臣が認定した者」が該当します。

視能訓練士の資格・難易度

視能訓練士になるためは、視能訓練士の国家資格を取得する必要があります。

医療系の資格取得と聞くと難しいイメージがありますが、近年の視能訓練士の国家資格の合格率は約8割と、高い割合で合格できる資格であることがわかります。

指定の養成施設でしっかりと知識と技術を勉強していれば、決して取得が難しいことはないといえます。

なお、視能訓練士国家試験は年に1回、東京と大阪の2ヵ所で行われます。

ちなみに視能訓練士の資格には「有効期限がない」という特徴があり、要するに国家資格に合格したらよほどの理由がない限り視能訓練士を名乗り続けることができるのです。

視能訓練士国家試験の難易度・合格率

視能訓練士になるための学校の種類

前述のとおり、高校卒業から最低でも1年は指定の視能訓練士養成施設に通う必要があります。

国内の養成施設は以下のとおりです。

・北海道ハイテクノロジー専門学校 視能訓練士学科
・吉田学園医療歯科専門学校 視能訓練学科
・東北文化学園専門学校 視能訓練士科
・東北文化学園大学 医療福祉学部リハビリテーション学科 視覚機能学専攻
・仙台医健・スポーツ&こども専門学校 視能訓練科
・国際医療福祉大学 保健医療学部視機能療法学科(大学院修士・博士課程設置)
・専門学校日本医科学大学校 視能訓練士科
・浦和専門学校 視能訓練士科
・北里大学 医療衛生学部リハビリテーション学科 視覚機能療法学専攻
・新潟医療技術専門学校 視能訓練士科
・学校法人新潟総合学園 新潟医療福祉大学
・東京医薬専門学校 視能訓練士科
・帝京大学 医療技術学部 視能矯正学科
・日本医歯薬専門学校 視能訓練士学科
・平成医療短期大学 リハビリテーション学科 視機能療法専攻
・名古屋医専 視能療法学科
・愛知淑徳大学 健康医療科学部医療貢献学科 視覚科学専攻
・神戸総合医療専門学校 視能訓練士科
・大阪医専 視能療法学科
・大阪医療福祉専門学校 視能訓練士学科
・大阪人間科学大学 医療福祉学科 視能訓練専攻
・京都医健専門学校 視能訓練科
・川崎医療福祉大学 医療技術学部感覚矯正学科 視能矯正専攻
・平松学園大分視能訓練士専門学校
・九州保健福祉大学 保健科学部 視機能療法学別科
・福岡国際医療福祉学院 視機能療法学科
・学校法人清水学園 西日本教育医療専門学校
・福岡国際医療福祉大学 医療学部 視能訓練学科
※2019年現在

視能訓練士になるための学校と学費(大学・専門学校)

視能訓練士に向いている人

正確に作業できる人

視能訓練士が行う検査は、患者さんに提供する眼科医療の基本的な部分となります。

検査内容に不備があれば、適切な医療や訓練を実施することはできません。

視能訓練士の仕事は決して少なくありませんが、多くの仕事を迅速かつ正確にこなせる技量や性格が求められます。

根気がある人

視能訓練士が行う訓練は、すぐに効果が表れないこともあります。

患者さんも不安に感じるかもしれませんが、何より訓練を行う視能訓練士が慌てては患者さんの不安は大きくなります。

根気よく訓練を続けられる性格が求められます。

視能訓練士に向いている人・適性・必要なスキル

視能訓練士のキャリアプラン・キャリアパス

視能訓練士は国家資格を取得すれば、一生(特別な事情がない限り)視能訓練士を名乗り続けることができます。

しかし、視能訓練士に限らず医療分野に携わる人は、常に最新の医療技術や医療の知識を得ておく必要があります。

そのため、勤務時間後の院内研修や、休日を使っての外部勉強会への参加などを積極的に行い、最新の眼科医療を患者さんに提供し続けられることが求められます。

これから視能訓練士を目指す人は「資格をとればそれで終わり」ではないことを念頭に置いておきましょう。

視能訓練士を目指せる年齢は?

視能訓練士に年齢の制限はありませんが、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

まずは「すぐには視能訓練士になれない」ことです。

視能訓練士は最低でも3年間の履修が必要であるため、これから視能訓練士を目指す人は視能訓練士として働き始められるのは最低でも3年後であることを理解しておきましょう。

次に「収入が少なめである」ことです。

視能訓練士は一般的な医療従事者よりも収入が少なく、平均すると年収400万円前後です。

人生プランにおいてお金が必要な段階である場合には、視能訓練士を志すのは少し考えた方がよいかもしれません。

視能訓練士は高卒から目指せる?

前述のとおり視能訓練士になるため(受験資格を得るため)には大きく分けて3つの道のりがあり、高卒の身分のままでは、視能訓練士の資格試験の受験資格を有していないことになります。

大学や短大、および指定の視能訓練士養成施設に通うことが受験資格を得るための道のりとなりますので、ご自身の人生プランに合った道のりを選択してください。

人によっては高校卒業後に就職して、働きながら視能訓練士の受験資格のための勉強を続けるというスタイルを貫いているケースもあります。

視能訓練士に関するデータ

視能訓練士の人数

視能訓練士の有資格者数は、近年増加の傾向にあります。2010年時点において視能訓練士の資格を持つ人は9,351人になりました。
視能訓練士有資格者数の推移2010のグラフ

視能訓練士の男女比

視能訓練士の男女比の推移をみると、1993年に2.4%だった女性の比率が、2010年には11.1%まで上昇しています。それでも他の医療職と比較すると低い比率であり、今後女性の比率が上昇していくことが想定されます。
視能訓練士 男女比の推移2010のグラフ

視能訓練士の需要

社団法人日本視能訓練士協会の調査によると、「現在、勤務している施設で、常勤の視能訓練士の人数は足りていると感じていますか」という設問に対して、「足りている」と答えた人は61.8%。「足りていない」は35.8%となっています。

なお、常勤の視能訓練士の人数が足りないと感じる理由で最も多いのは「眼科一般検査、訓練などの業務が多い」62.7%でした。その他は、「外来患者数が多い」59.8%、「事務業務が多い」15.9%などの理由が挙げられています。
視能訓練士の人数の状況2010のグラフ