視能訓練士になるための学校(大学・専門学校)

視能訓練士養成機関と国家試験

視能訓練士は国家資格の1つです。

視能訓練士になるためには国家試験に合格する必要がありますが、この国家試験には受験資格が定められており、その受験資格には「指定の視能訓練士養成機関を卒業すること」が含まれています。

視能訓練士養成機関の種類

視能訓練士養成機関には、1年制と3年制があり、大学などをすでに卒業している場合は1年制の学校に通います。いずれも専門学校という形態を取っていることが多いようです。

また、大卒の学歴を取得したい場合は、視能訓練士養成課程を置いている4年制大学もあるので、そういった学校を探すと良いでしょう。

視能訓練士養成機関には夜間課程を設けているところもあります。こうした学校は標準就業年数2年ですが、これは、1年制の課程を夜間課程にしたものです。ですので、高等学校卒業程度の学歴の方は昼間の課程に通う必要があります。

視能訓練士養成機関で学ぶこと

厚生労働省が認可していなければ視能訓練士養成機関となれないため、学校のカリキュラムは基本的に全国どこでも同じです。

卒業後の国家試験の内容は全て学校で習うことができますから、学校以外で資格予備校などに通う必要は特にありません。

逆に、学校で学んだ内容で苦手意識がある部分がある場合は、国家試験に影響するだけでなく、実際の職務にも影響を与えることになりますので、早めにつぶしておく必要があります。