女性の歯科医師の活躍

女性歯科医師の活躍

一昔前までは歯科医師といえば男性が圧倒的に多かったのですが、近年は女性歯科医師の活躍が目立つようになってきました。

歯科医師を多数抱える大手歯科医院の中には女性歯科医師を積極的に採用する医院がありますし、勤務形態として常勤医の他にパートタイマーや週数日の勤務などを採用している医院も増えています。

歯科医師を目指す女性にとっては働きやすい環境が整いつつあると言ってよいでしょう。

パート勤務で働く女性歯科医師

複数の歯科医師を抱える病院では、子育て中の女性歯科医師がパート勤務で働く場合もあります。パート勤務なら残業等で遅くなることがなく家庭に負担をかけることもありません。

医院としても常勤医(正社員)を雇うよりも負担が少ないということで、最近少しずつ増えていると言われています。

女性ならではのメリット

女性歯科医師が特に多い分野として、小児歯科があげられます。小児歯科には小さな子供も多く通います。小さな子供は男性よりも女性に安心感を抱く傾向がありますし、自身が子育てを経験していれば、子供のあやし方やなだめ方もお手の物です。

また、小児歯科でなくても女性ならではの柔らかな雰囲気が患者さんをリラックスさせるという側面もあります。思春期の女性の中には、女性医師のほうが良いという人もいます。

あらゆる分野に女性の社会進出が増えている現代では、女性であることはデメリットにはなりません。むしろ、良い方向に作用する場合が多いようです。

仕事体験談