司法書士になるには

司法書士の資格が必要

司法書士になるためには、国家試験である司法書士試験に合格することが必要です。

受験資格にはとくに制限がなく、誰でも受験をすることができます。

試験は毎年1回行われており、受験資格に制限はないので何回でも受けることができます。実際に合格するまで何回も受ける人が多数います。

独学で試験対策をするのは難しいので、実質上は専門学校などに行く人が大半です。

しかし、それでも合格率は全体の3%台なので、かなりの難関資格といえるでしょう。

資格勉強に専念するか、仕事をしながら目指すかで変わってきますが、少なくとも2年ほどの勉強は必要といわれています。

司法書士試験の難易度、合格率

司法書士名簿に登録し、研修を受ける

司法書士試験に合格しただけでは、司法書士として活動することはできません。

全国にある各司法書士会のいずれかに登録をしなければ業務を行うことができません。

これは弁護士も同様の仕組みをとっており、何らかの理由で司法書士会から除名されるようなことがあったら、仮に資格を持っていても業務はできません。

また、新たに司法書士試験に合格した人は司法書士会が行っている研修を受ける必要があります。

この登録と研修を経て、晴れて司法書士としての業務を始めることができるのです。

資格試験以外のルートも

実は、司法書士試験に合格しなくても司法書士になれる方法があります。

それは、裁判所事務官や検察事務官などを10年以上を務めて実務経験を積んだ人に認められている制度で、こうした業務を10年以上経験している人は司法書士になれるだけの知識を有していると見なされます。

もちろん、単に10年務めただけで資格がもらえるというわけではなく、その上で法務大臣の認定を得る必要があります。

最低でも10年かかるルートではありますが、確実性の高いルートでもあるので活用されています。

司法書士に求められる能力

勉強が好き

法律に関わる仕事であり、膨大な知識を求められます。試験は難関であり、勉強熱心でないと合格は難しいでしょう。

法改正も頻繁にあるため、新しく学ぶことが苦でない人でないと厳しい仕事です。

事務処理能力

書類の作成が仕事の中心になるため、事務処理能力が高く、几帳面でミスが少ないタイプが向いているといえます。

司法書士の今後の見通し

司法書士の仕事は、弁護士も行うことができます。司法試験の制度が変わり、今後弁護士が増加していくことが予想されており、弁護士が司法書士の領域に入ってくる可能性があります。

今後の司法書士は、自分ならではの得意分野を作ることが求められるようになるでしょう。

司法書士登録者数

司法書士の登録者数は、ほぼ一貫して増加をしています。平成27時点における個人の登録者数は22,013人となっています。

司法書士登録者数の推移_27