臨床検査技師の需要・就職・採用募集状況

臨床検査技師の採用は厳しい?

臨床検査技師の需要と臨床検査機器の発達は、まさに反比例していると考えてよいでしょう。

医療機器が急速に発達している現在、それまで臨床検査技師が人の手で行っていた検査も、機械に任せればできるように変化してきています。

とくに臨床検査技師の就職先として一般的である病院施設は、臨床検査技師の資格を持つ人の割合に比べて、必要とされる人員が非常に少ないために、ますます狭き門になっています。

都会の大規模な救急病院や大学病院であっても、新年度の採用人数は若干名といったところが増えており、地方の中規模の病院であれば採用予定すらないケースもあります。

もちろん、毎年退職者は出るため欠員補充といったかたちでの求人募集は発生しますから、新規の採用枠がまったくないというわけではありません。

しかし、小さな枠に大勢の就職希望者の学生が押し寄せるケースが増えており、とくに立地条件や待遇のよい病院になると、かなりの高倍率になってしまうことも珍しくなくなっています。

就職を成功させるためには、在学中にできるだけ成績をアップさせること、そして就職試験の成績を良くするよう努力する必要があるといえます。

企業や研究施設への就職状況は?

医師や看護師は不足する一方で、臨床検査技師などの「コメディカル」といわれる医療系資格保有者の求人募集はそれほど多くはありません。

臨床検査技師の場合、製薬会社や医療機器メーカー、あるいは研究機関への就職も考えられますが、その場合は大学や大学院程度の学歴が求められるでしょう。

もし、研究分野で臨床検査技師として活躍したいのなら、国立大学を目指して高い学歴を獲得しておくことをおすすめします。また、大学院へ進学することも視野に入れておいたほうがよいでしょう。

今後も、臨床検査技師の就職については厳しい状況が続くと思われますが、検査センターなどは比較的就職しやすいという声も聞かれます。

条件を広げて地道に就職活動をしていけば、就職先も見つかることでしょう。