臨床検査技師になるための学校(大学、短期大学、専門学校)

臨床検査技師養成所とは?

臨床検査技師になるためにはまず国家試験の受験資格を得られる学校を卒業しなければなりません。

臨床検査技師養成所とも呼ばれる学校には大きく分けて大学、短期大学、専門学校が全国に開設されています。

大学は四年制で国立、公立、私立があり学費は国公立と私立で多少差があります。

国公立なら4年間で250〜300万円程度、私立では500〜600万円程度は必要となります。三年制の短大や専門学校では300万から400万前後の学費がかかります。

最近の傾向として短期大学が廃止されたり、短期大学から四年制大学に移行している学校も増えていますので、四年制大学か専門学校のどちらかの選択となることが多いようです。

また、臨床検査技師という資格取得をメインで考えれば、大学にこだわらなくても専門学校で十分という意見も聞かれます。

学校によるメリット・デメリット

臨床検査技師の学校としては大学と短大そして専門学校の3種類がありますが、その中で大学を選ぶ一番のメリットは、大卒という学歴を得ることができることでしょう。

卒業後、臨床検査技師としての仕事そのものに学歴による差はほとんどありませんが、職場によって初任給に違いが設けられていたり、昇進や給与体系が異なるケースが多いようです。

短大や3年制の専門学校は大学で4年間で学ぶ内容を3年で学ぶわけなので、学校生活がかなりハードになります。レポートや試験が続いたり、実習に追われたりと忙しくなっています。

専門学校は臨床検査の実習に重点を置いているので、実践的な学び方ができるということで即戦力が身につきます。また、就職のサポートも手厚いところが多いです。

しかし大学や短大で学ぶような一般教養科目は若干少なくなります。それぞれに特徴があるので自分の学校生活や将来へのイメージに合わせた学校選びをするようにしましょう。

ある公立大学のケース

ある四年制公立大学の臨床検査学科では、教養を得て基礎的な能力を習得する基礎科目、医療のベースとなる基礎的な知識や技術を学ぶ専門基礎科目、そして医学検査を専門的に学ぶ専門科目を講義を通して勉強します。

1年次は主に基礎科目を、2年次以降に専門基礎科目と専門科目を学び始めて国家試験に臨みます。

グループ学習や地域実習も取り入れられており、学内だけでなく学外に飛び出して人間性を養うカリキュラムが図られています。

卒業要件としてこの公立大学では合計130単位以上の取得が求められます。内訳としては、基礎科目32単位以上、専門基礎科目36単位以上さらに専門科目62単位以上となっています。