プロレスラーの志望動機と面接(入門・体力テスト)

志望動機よりも問題は体と体力

プロレスラーの志望動機といっても、話は簡単です。「プロレスラーになりたい」という気持ちがあれば、OKです。その気持ちが、強ければ強いほどなおよいでしょう。

というのも、プロレスラーになる時に問題とされるのは、志望動機よりも体やスポーツ歴、体力の方です。

たとえば、プロレスリング・ノアの練習生募集要項を見ると、履歴書に「スポーツ歴」と「身長・体重」を記入することになっています。また、上半身裸の写真を2枚(1枚は上半身のみ、もう1枚は全身)を同封します。

団体によっては、身長180cm以上と身長制限を設けているところもあります。

体力テストに合格した者だけが面接に進む

プロレスリング・ノアの場合、入門テストで、次のような体力テストも実施されます。

内容は、柔軟、腹筋50回、足上げ腹筋20回×2セット、クランチ20回×2セット、背筋15回×2セット、プッシュアップ20回×5セット、前ブリッジ前後10回、背ブリッジ前後10回、スクワット200回、ジャンピングスクワット30回です。

体力テストは、それらの回数をこなしたスピードより、団体関係者や所属選手が審査員となって、試験に臨む姿勢や将来性、運動能力などを見ます。

体ができあがっている必要はありませんが、動きに運動センスが感じられないと、合格するのは難しいでしょう。

体力テスト合格者は、次に面接や自己アピール(希望者のみ)の試験を受けます。団体によっては、書類審査と体力テストだけで合格が決まるところもあるほどです。

数ある格闘技の中で、なぜプロレスを選ぶのか

面接で注意したいのは、「なぜ、プロレスなのか」と問われたら、その理由をしっかり話せることです。他にもたくさん格闘技がある中で、なぜ、プロレスを選ぶのかは、プロレスが他の格闘技に比べ、ショー的要素が強いだけに重要です。

といっても、プロレスを選ぶ理由は、もちろん何でもいいのです。なぜ、プロレスを好きになったのか、そのきっかけを話せれば大丈夫でしょう。

数あるプロレス団体の中で、なぜその団体を選ぶのか

また、プロレスを好きになったきっかけが、その団体の選手だったら完璧です。プロレス団体は男子で100以上、女子で約15あり、プロレスに対する考え方や活動方針、運営方針が違います。

その点、団体所属の選手をあげておけば、間違いありません。もちろん他の理由でもOKですが、なぜ、その団体に入りたいのかは、はっきり答えられるようにしておきたいです。