DDTプロレスリングのプロレスラーになるには

無名のプロレスラー3人によって設立

DDTプロレスリングは、1997年、現在の社長である高木三四郎ら3人の無名レスラーによって旗揚げされました。

DDTは、プロレス漫画『1・2の三四郎2』の主人公が所属する「ドリームチーム」に由来し、プロレス技でもある「DDT」が略称となるように、頭に「Dramatic」をつけたものです。

エンターテイメント色の強い文科系プロレス団体

設立後の興行は、東京都内のライブハウスなど小さな会場で行われましたが、アメリカンプロレスを意識し、エンターテイメント色を強く打ち出したことで徐々にプロレスファンの心をつかみました。

エンターテイメント色の強いプロレス団体を「文科系プロレス団体」と呼びますが、その先駆けとなった団体です。

両国国技館や日本武道館も満員にする人気ぶり

今では、後楽園ホールでの月1回の興行をメインに、両国国技館や日本武道館でも興行を行うほど人気が高くなっています。また、地方興行にも力を入れています。

人気プロレスラーには、背筋力が300Kg以上あるイケメンプロレスラーの飯伏幸太、「チームドリフ」のリーダーでもある石井慧介、人形レスラー・ヨシヒコらがいます。

人気の高い興行

人気の高い興行には、「AKB48選抜総選挙」をモデルとした「DDTドラマティック総選挙」があります。

毎年秋に、所属選手やレギュラー参戦選手を対象とした人気投票が行われ、上位入賞者には、特別興行参戦権などが与えられます。

警察の許可が下りたら、どこでも開催される「路上プロレス」も人気です。これまで商店街や遊園地、海岸、工場、廃墟などで行われ、多くの観客を集めました。

イケメンプロレスラーを集め、入場は女性限定という「BOYZ」も人気があります。女性ファンが増え、興行に通う女性は「プロレス女子」と呼ばれるようになっています。

入門テストはなく、すぐに練習生になれる

DDTプロレスリングに入門したい人は、入門受付期間に応募すれば、即採用され、練習生になれます。その際、一芸を披露することになっています。

DDTプロレスリング 公式サイト

これまでの応募者には、巨大カマキリと対戦する少林寺拳法の達人とか、プロレス四天王(三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明)の物まね、振りを付けてプリキュアの歌をフルコーラス披露した人がいたそうです。

練習生となっても、全員がデビューできるわけではありません。プロレスラーとしてのトレーニングをしっかり積むため、途中でリタイアする人も多いようです。

デビューできるのは、プロレスの基本的な動きや技がしっかり身についている人だけです。