【2022年版】プロレスラーの年収はいくら? 給料についてくわしく解説・賞金

プロレスラーの年収の仕組み

所属団体からの給料とファイトマネーがおもな収入

プロレスには多くの団体があり、プロレスラーは基本的にはいずれかのプロレス団体に所属しています。

プロレスラーの主な収入は、所属団体からの給料やファイトマネー、試合で得られる賞金などです。

団体によっては年俸制のところもありますが、収入額は所属団体や本人の人気度、試合数などによって異なります。

人気があれば所属団体からの給料や契約金、ファイトマネーに加えてテレビやイベントなどへの出演料、取材費、グッズ販売料なども入ってきます。

人気が高くなればそれだけ年収もアップしていきますが、とくに収入面で大きいのはテレビCMや企業広告への出演料です。

知名度や好感度が高ければ、出演料は数百万円から数千万円になることもあります。

新人プロレスラーの収入は、月に数万円

しかし、知名度のないプロレスラーの生活は厳しく、プロレスだけで生活できている選手はごく一部のトップレスラーだけです。

プロレス団体や養成所の練習生時代はほとんどが無収入で、合宿所や練習場などに住みこんで団体の雑用をこなし、「食・住」の面倒を見てもらっている人が多いです。

また、学生で親に援助をしてもらっていたり、他に本業を持っている人やアルバイトをしている人もいます。

多くの収入を得られる人気レスラーになるためには、魅力的な試合をできるようにならなければいけません。

プロレスラーとしての基本をしっかりと身につけ、ファンを魅了できるようにならなければプロレスでお金を稼ぐことはできません。

プロレスラーの平均年収・収入

プロレス業界は収入の公開がタブーとなっているため金額は推定です、デビューから約5年間の年収は平均で100〜200万円といわれています。

その金額で生活するにはかなり切り詰めなければなりません。

ただ、最近は会社員や自営業などと兼業しながらプロレスラーの下積み生活を送る人が増えています。

固定ファンがついて人気が出ると、年収は500万〜800万円になるといわれます。

収入を増やすためには下積み時代からコツコツと努力して、ファンを喜ばせるパフォーマンスで客を呼べるプロレスラーを目指さなくてはなりません。

人気が出れば個人的にスポンサーがついたり、所属団体とも有利な条件で契約できて収入も増えていきます。

中小のプロレス団体では中心選手でも生活できるだけの十分な収入がなく、他に仕事を持っていたりアルバイトをしていたりする場合もあります。

プロレスラーのトップ選手の年収

プロレス人気の最盛期であった1980年代から1990年代頃はバブル景気の時代であったこともあり、年収1億円を超えるプロレスラーも複数いました。

景気とプロレス人気の低迷もあってプロレスラーの収入も最盛期よりは下がっていますが、現在も大きな団体の有名プロレスラーであれば年収は1000万円以上です。

テレビや新聞、雑誌の広告でよく見る人気プロレスラーのなかには、年収が3000万円以上の人もいます。

しかし、数千万円の収入を得られるプロレスラーはほんの一握りしかいないのが実情です。

プロレスラーの待遇の特徴

トップレスラーになれば数千万円の年収を得られますが、プロ野球やJリーグなどの他のプロスポーツの選手に比べれば決して待遇がいいとはいえません。

リングの上では大怪我や死の危険もあり、生命保険に加入することも難しいというリスクを考えても、プロレスラーの収入は仕事に見合っていないという声もあります。

しかし、リングの上でのパフォーマンスによってファンを熱狂させられるというやりがいは大きく、人気レスラーになれば十分な収入を得られるのも間違いありません。

全体的に高収入を得られるわけではありませんが、本当にプロレスが好きでプロレスに情熱を注ぐことのできる人には魅力的な職業です。