なるには

プロレスのレフェリーになるには

プロレスのレフェリーの仕事内容 プロレスのレフェリーのメインの仕事は、リングでプロレスの試合を裁くことです。 対戦するレスラーが凶器をもっていたり、リングシューズに細工をしていないかチェックして、問題がなければ、試合開始 […]

地方プロレス団体のプロレスラーになるには

地方プロレスの先駆けは「みちのくプロレス」 全国各地で、地域密着型のプロレス団体が活動しています。 先駆けは、1992年、ザ・グレート・サスケによって設立された「みちのくプロレス」でした。「地域密着型プロレス団体」をモッ […]

DRAGONGATEのプロレスラーになるには

小柄なプロレスラーによって設立 DRAGON GATE(ドラゴンゲート)は、神戸市に本拠をおくプロレス団体です。近畿地区はもちろん、首都圏や西日本でも興行を行っており、全国的な人気をもつ団体です。 1997年、ウイルティ […]

DDTプロレスリングのプロレスラーになるには

無名のプロレスラー3人によって設立 DDTプロレスリングは、1997年、現在の社長である高木三四郎ら3人の無名レスラーによって旗揚げされました。 DDTは、プロレス漫画『1・2の三四郎2』の主人公が所属する「ドリームチー […]

新日本プロレスのプロレスラーになるには

最も古いプロレス団体 新日本プロレスは、1972年、アントニオ猪木によって設立されました。現在のプロレス界では、最も古い老舗団体となっています。 アントニオ猪木を中心とした選手たちが、実力主義を前面に打ち出した「ストロン […]

女子プロレスの現状となる方法

かつては、大ブームを巻き起こした女子プロレス 女子プロレスは、1970年代のビューティ・ペア、1980年代のクラッシュギャルズが、多くの女性ファンの心をとらえ、大ブームとなりました。 1990年代になると、実力派の神取忍 […]

プロレスラーになるための留学

イギリスの養成所に留学のケース かつての人気プロレスラー藤波辰彌の長男で、現在はプロレスラーの「LEONA」が、大学1年の2012年、イギリスにプロレス留学したことがあります。 将来、プロレスラーになると決断した後、イギ […]

プロレスラーのトレーニング・練習・訓練

相手の技を受けてこそプロ!基本は受身から プロレスラーは、リングの上で戦うだけでなく、それに備えた日々のトレーニングも仕事のうちです。 すべての格闘技に共通していることですが、攻撃の技術だけではなく、相手の技を受け止め、 […]

プロレスラーの志望動機と面接(入門・体力テスト)

志望動機よりも問題は体と体力 プロレスラーの志望動機といっても、話は簡単です。「プロレスラーになりたい」という気持ちがあれば、OKです。その気持ちが、強ければ強いほどなおよいでしょう。 というのも、プロレスラーになる時に […]

プロレスラーに必要なこと

塩レスラーと呼ばれていた佐々木健介 格闘技界では、盛り上がらない試合、つまらない試合しかできない選手のことを「しょっぱい」といいます。もとは相撲界の用語ですが、プロレス界でも、「しょっぱいヤツ」とか、「塩レスラー」などと […]

プロレスラーに向いている人、適性

プロレスをこよなく愛する人 プロレスラーに向いているのは、何よりもプロレスを愛していることです。 プロレスが好きになったきっかけは、『ファイヤーレオン〜新日本プロレス篇』や『キン肉マン』、『世界でいちばん強くなりたい』と […]

プロレスラーの食事

一般男性の3、4倍のカロリーを取得 プロレスラーの体を見ていると、いったいどういう食事をしているのか気になるでしょう。体が資本のプロレスラーは、食事もトレーニングと考え、食事内容も工夫しています。 食べる量は1日あたり6 […]

プロレスラーのトレーニング

相手の技を受けてこそプロ!基本は受身から プロレスラーは、リングの上で戦うだけでなく、それに備えた日々のトレーニングも仕事のうちです。 すべての格闘技に共通していることですが、攻撃の技術だけではなく、相手の技を受け止め、 […]

プロレスラーになるには

学歴や経歴に関係なく、誰でもなることができる プロレスラーになるのに、学歴や経歴は関係ありません。また、資格も必要ありません(メキシコでプロレスラーになるには必要です)。 さらに、どのプロレス団体にも所属せず、フリーで活 […]