プログラマーになるには

資格や学歴はほとんど関係ない

プログラマーとして働くために必須となる資格はとくになく、実際のところ、やる気さえあれば誰でもなれるといえます。

世間一般のイメージとして、プログラマーは理系の技術者が多いと思われている事実があります。

しかし、文系でも何ら問題ありません。業界では文系出身の技術者もたくさん活躍していますし、文系と理系の技術者がお互いに協力し合うことも現実としてあります。

また、IT系の専門学校を出ていなくても問題はありません。なかには、普通科の高校生が何となくプログラムをやってみた結果、素晴らしい技術者へ成長したケースもあるくらいです。

したがって、プログラマーになるために絶対に必要なのは「この仕事に就きたい」という気持ちです。そのうえで、社会人としての常識を身につけて、専門知識や技術を学んでいけば心配ありません。

誰でもプログラマーになれる理由

特別な勉強をしなくてもプログラマーになれるのは、プログラミングをするための環境がスリム化され、簡単になってきた現状があるためです。

たとえば、現在プログラマーが本職ではない人でも、好きであればHTMLでホームページを作ってみたり、エクセルでマクロを組んでみたりすることは、さほどハードルが高いことではありません。

初心者向けの関連書籍はたくさん出ていますし、ネットで簡単に調べることもできます。上記のような作業をする人も立派なプログラマーといえます。

このように、昔では考えられない「一般の人がプログラミングをする」ということも当たり前になってきたため、なるための入口の敷居は低くなっています。

どんな学校に行くべきか

上記の通り、プログラマーは誰でも目指すことはできますが、勉強できる環境にあるのであれば、就職前に情報について体系的に学習し、しっかりとスキルを身につけておいたほうがよいでしょう。

たとえば大学の理工系や情報処理系の学部、専門学校などで開発言語の基礎知識を身につけておくと、就職に有利になる可能性があります。

また、国家試験である「基本情報処理技術者」に合格することができれば、一定の知識があると見なされるでしょう。

IT業界は常に人材が不足しているため、就職状況は悪くありません。プログラマーを募集している企業は多く、条件を選ばなければ就職にはそれほど困らない状況です。

ただし、待遇が良い大企業に就職したい場合には、それなりの大学を卒業していたほうがよいでしょう。

プログラマーとして働く

たいていの企業は、就職後に企業内で研修を実施します。研修中はプログラミングの基礎的な知識やその企業内で働くルールを学びます。

研修終了後は、先輩プログラマーと一緒に簡単なプログラムを組むことから実務が始まります。

プログラミングの知識をつけ、経験を重ねていくと、他のプログラマーを指揮するチームリーダーに昇格したり、より上位の設計を行う立場へと変わっていきます。

プログラマーに求められる能力

論理性

プログラミングをするためには、論理的に物事を考えられる能力が必要とされます。複雑なことを筋道立てて考えられるような人が向いているといえます。

根気

プログラミングは地道な作業の連続です。一日の大半の時間パソコンに向かってプログラムを組み、バグが出るたびに修正をしていかなければなりません。集中力だけでなく、根気と体力も求められる仕事です。

プログラマーの今後の見通し

IT化が進み、あらゆるものにプログラムが必要とされてきています。今後もこの流れは続くと考えられ、プログラマーの需要は高まっていくでしょう。

一方で、中国やインドなど、安く開発できる海外へ開発現場がシフトしている傾向も強くなっています。

海外でも優秀な人材が増えているといわれるため、日本のプログラマーはさらに専門性を高め、付加価値の高いプログラムを組めるようになることが必要となるでしょう。

情報サービス業の売上高

経済産業省の特定サービス産業動態統計調査によると、情報サービス業の売上高は2008年から減少に転じていましたが、2012年からやや上昇し、2014年度は10兆6247億円となっています。
情報サービス業売上高の推移_2014

情報サービス業の従業員数

情報サービス業の従業員数は増加を続けていましたが、近年は横ばいの傾向にあります。2014年時点での従業員数は、335,711人でした。
情報サービス業従業員数の推移_2014

仕事体験談