文系のプログラマー

プログラマー=理系?

プログラマーというと、どうしても理系のイメージがつきまとうものです。

たしかに、プログラミングをするうえでは物事を順序立てて考え、組み立てる力など、「数学的なものの考え方」が必要になり、理系出身者のほうが向いているといえる面は多々あります。

しかし、いわゆる文系らしいといえる頭を使う機会も多くあります。

そのひとつが、文章作成です。プログラマーはプログラミング言語を使ってコードを書く以外に、ドキュメント作成をする機会も多くあります。

文系出身で、文章を書くことが苦にならないという人には向いています。

もうひとつが、コミュニケーションです。開発プロジェクトは必ずチームを組んで行うため、システムエンジニアや他のプログラマーと連携を図りながら作業を進める必要も出てきます。

理系は、どちらかというと対人関係に苦手意識を持つ人も多いといわれていますが、文系出身で、他者との関わりが好きであったり人間関係を上手に構築できる人は、そのスキルをプログラマーとしての業務にも生かすことができます。

プログラマーは理系らしい仕事といっても、決して数学や科学のプロフェッショナルである必要はありません。

こうしたことから、たとえ文系出身でも、論理的思考をするように心がけ、専門的なスキルを基礎からしっかりと習得していけば、プログラマーとして活躍することは難しくありません。

理系出身者のみを採用する企業もある

しかしながら、とくに大手企業の場合、大学や大学院で情報処理等を専門的に学んできた人だけを採用するところもあります。

入社時点で、ある程度のプログラミングの基礎や、数学の知識を備えている人を求める企業があるのは事実です。

ただし、最近ではIT技術者の人材不足により、文系出身者を積極的に採用する企業も増えています。文系だからといってプログラマーの道をあきらめる必要はありません。

仕事体験談