男性のメイクアップアーティスト

男性の進出が目立つメイクアップアーティストの世界

もともと、美容業界で働く人は女性のほうがずっと多かったのですが、近年は国内外において男性メイクアップアーティストの活躍も目立っています。

ブライダル業界や化粧品会社の美容部員など、まだ一部ではメイクアップアーティストの採用条件を「女性のみ」としているところもありますが、時代と共に男性が活躍できる場は広がっているといえるでしょう。

メディアの撮影現場やファッションショーでの活躍はもちろんのこと、ドラマや映画などの特殊メイクの分野では、比較的男性が多く活躍しているようです。

男性がメイクアップアーティストを志す理由としては、「身近な女性をキレイにしてあげたい」「芸術的なことに興味がある」といったものが多いようです。

男性でもファッションが好きだったり、スキンケアや髪型などに気を遣う人が増えている中、男性が「ヘアメイクを一生の仕事にしたい」と考えるのも、決して不思議なことではありません。

今後も男性のメイクアップアーティストは増え続けるものと思われます。

男性メイクアップアーティストに求められること

メイクアップアーティストは女性を相手にすることが多いため、女性に親しまれる話術や柔らかな雰囲気、清潔感などが求められます。

もし威圧感を出してしまえば相手は緊張しますし、その人本来の美しさも引き立たせにくくなってしまいます。これは男女共通ですが、細やかな気配りと、相手の感情や希望をしっかりと汲み取ろうとす姿勢が大切です。

なお、メイクアップアーティストは重たいメイクボックスを運んだり、現場によっては不規則な生活を強いられることもありますので、体力がある男性はそういった強みも生かせるはずです。

仕事体験談