男性のメイクアップアーティスト

男性の活躍が目立ち始めている

もともと、美容業界で働く人は女性のほうがずっと多いとされてきましたが、近年は国内外において男性メイクアップアーティストの活躍も目立っています。

日本のブライダル業界や化粧品会社の美容部員など、一部ではメイクアップアーティストの採用条件を「女性のみ」としているところもあります。

しかし、時代とともに美容業界で男性が活躍できる場は広がっているといえるでしょう。

男性のメイクアップアーティストとしては、メディアの撮影現場やファッションショーでの活躍はもちろんのこと、ドラマや映画などの特殊メイクの分野で活躍している人が多いようです。

男性の志望動機

男性がメイクアップアーティストを志す理由としては、「もともとファッションが好き」「身近な女性をキレイにしてあげたい」「芸術的なことに興味がある」といったものが多いようです。

いまや、男性でもスキンケアや髪型、身だしなみなどに強く気を遣うことは、決して珍しいものではありません。

男性が「ヘアメイクを一生の仕事にしたい」と考えるのも、なんら不思議なことではないといえるでしょう。

美容やメイクを学べる専門学校やスクールでも、割合は小さくても男性の生徒が女性と肩を並べて学んでいますし、これから時代が進むにつれて、男性のメイクアップアーティストはさらに増えていくものと考えられます。

男性メイクアップアーティストに求められること

男性メイクアップアーティストとして、心がけておきたいことがあります。

それは、メイクアップアーティストは、お客さまとして女性を相手にすることが多いため、女性に親しまれる話術や柔らかな雰囲気、清潔感を身にまとう必要があるということです。

もし威圧感を出してしまえばお客さまは緊張しますし、その人本来の美しさも引き立たせにくくなってしまいます。

これは男女共通ですが、細やかな気配りと、相手の感情や希望をしっかりと汲み取ろうとする姿勢が大切です。

なお、メイクアップアーティストは重たいメイクボックスを運んだり、現場によっては不規則な生活を強いられることもあります。

体力がある男性は、そういった強みも生かすことができるでしょう。

仕事体験談