有名な競輪選手

競輪の魅力を世間に広く知らせた中野浩一選手

1970年代から80年代にかけて、世界選手権の個人スプリントで10連覇を達成した中野浩一は、1955年、福岡県久留米市の出身です。

高校時代までは陸上競技の短距離選手で、国体にも出場しましたが、肉離れを起こして大学進学をあきらめました。

高校卒業後、プロゴルフの選手になろうと考えていましたが、競輪選手だった父の勧めで、日本競輪学校に進みました。

1975年に、20歳でデビューしました。競輪学校時代、どうしても勝てなかったライバルを倒すことを目標に頑張り、いきなり18戦無敗を記録しました。

さらに、デビューから約1年で、当時の最上位だった「A級1班」に上りつめ、「九州のハヤブサ」と呼ばれるようになりました。

デビュー翌年、初めて世界選手権の個人スプリントに挑戦し、4位に入賞しました。

しかし、帰国後のインタビューが、3位入賞した選手にばかり集中し、悔しい思いをした中野は、幼年は必ず優勝すると誓い、1977年の世界選手権で本当に優勝。以来、10連覇を記録しました。

1980年には、日本のプロスポーツ選手として、初めて年収1億円を突破します。当時は、プロ野球選手やプロゴルファーにも年収1億円の選手はおらず、日本中の話題になりました。

国内でも、「浩一ダッシュ」と呼ばれた猛烈な追い込みで無敵でした。

そのため、個人では中野に対抗できないと考えられ、2~4人で連携して戦う戦法が用いられるようになりました。これが、現在の主戦法である「ライン」のきっかけになりました。

1992年、37歳で現役引退しました。生涯獲得賞金額は13億2764万677円でした。また、引退後は、タレントとしても活動していました。

その強さから「横綱」と呼ばれる神山雄一郎選手

アトランタ五輪とシドニー五輪にも出場した神山雄一郎は、1968年、栃木県小山市に生まれました。

生家が自転車屋で、父親はサイクリングの愛好家でした。

小学生になると、父に連れられてサイクリングに出かけるようになりました。幼少の頃から運動能力が高かった神山は、小学生で、片道50キロの道のりを日帰りで往復したり、野宿しながら1日200キロを走破することもできたといいます。

高校生になると、自転車部のある作新学院に進学。自宅から約40キロの道のりをトレーニングも兼ね、片道1時間かけて自転車で通いました。

部活動での厳しい練習にも耐え、3年生でインターハイと国体の1000mで優勝しました。

高校卒業時、神山は進路に迷います。プロの競輪選手になるか、アマチュアとして競技を続け、オリンピックに出場するかです。1985年当時のオリンピックは、アマチュア選手しか出場できませんでした。

高校3年の12月、神山は、父親に連れられて立川競輪で開催されたKEIRINグランプリを観戦しました。そこで競輪の華やかさに魅せられ、競輪選手になることを決意しました。

日本競輪学校の入学試験は、インターハイと国体優勝選手として優遇されました。入学後も抜群の成績で、首席で卒業しました。

1988年4月にデビューし、デビュー当日に初勝利をあげました。そして、わずか7ヵ月で、最高位のS級1班に昇格しました。その後もトップレーサーとしての地位を保ち、その強さから「横綱」と呼ばれたほどでした。

1996年のアトランタ五輪から、プロも出場できるようにルールが改正されました。

ところが、選考会で十文字貴信に敗れ、いったん出場の途は閉ざされました。しかし、日本に代表枠が回ってきて、改めて選考会に勝った神山が代表に選ばれました。結果は、1回戦敗退でした。

続く2000年のシドニー五輪にも出場して、チームスプリントでは5位入賞を果たしましたが、個人戦ではまたもや初戦敗退でした。

それでも国内では「横綱」として君臨。1990年代から2000年代にかけて、競輪界の顔として活躍しました。40歳をすぎた2015年現在も、現役選手として活躍しています。