競輪選手のトレーニング、訓練、練習

レースで勝てる選手になるには、ひたすら乗り込むこと

競輪は、自分の体を唯一の動力源とし、専用自転車で行われるレースです。単純に考えれば、体力や運動能力の優れた者の方が強いと思えます。

しかし、現実は、そんなに単純ではなく、レースの駆け引きとともに、自転車への慣れが勝敗を大きく左右するといわれます。

実際、競輪選手になりたての若手選手は、いかに運動能力に優れていても、レースでは勝てません。駆け引きの問題以前に、自分の体力を自転車に伝える技術が未熟だからです。

また、専用自転車に慣れるまでは、ベルトで足をペタルに固定されるという独特の構造に恐怖心が消えないようですし、傾斜のあるバンクを全力で走るのも怖いそうです。

昔から、若手選手が勝てるようになるには、「乗り込み練習あるのみ」といわれています。レースとレースの合間や時間を見つけては、競輪場のバンクや山道などを走ります。

競輪選手には、たいてい「師匠」と呼ぶコーチがついており、ちょっとしたコツなどをアドバイスしてもらいながら、ひたすら乗り込みます。

時間を見つけ、1日200キロの乗り込みを続ける

トップ選手には、時間があれば、1日8時間、200キロの乗り込みを続けたという人もいます。また、競輪場を借りられれば、早朝4時、5時から40キロを走ったという人もいます。

それくらい、寸暇を惜しんで乗り込まなければ、その時のトップ選手たちとまともに戦えるようにはなりません。

太ももが太いだけでは意味がない

元モデルの女性選手は、日本競輪学校へ入学してから2年間で、太ももの太さが58センチになったそうです。これは、モデル時代のウエストと同じサイズといいます。また、男性選手の太ももは、60センチ以上あります。

競輪選手の太ももが太いことは、マスコミでもよく取り上げられます。しかし、競輪選手を目指すなら、その太さに驚くだけでなく、太ももの前側と後ろ側のどちらにより筋肉がついているかに注目すべきでしょう。

太ももの前側の筋肉は、「大腿四頭筋」と呼ばれます。それに対して、後ろ側は「大腿二頭筋(ハムストリングス)」と呼ばれます。

問題は、その役割で、前側の筋肉がブレーキの役割を果たすのに対して、後ろ側の筋肉がアクセルの役割を果たしています。

太ももの前側より、太ももの後ろ側が発達していれば、自分の脚力を効率よく自転車に伝えやすいということです。反対に、太ももの前側の方が発達していると、ブレーキをかけながら、自転車を漕いでいるようなものです。

それだけ効率が悪くなります。世界選手権で10連覇を達成した中野浩一選手は、「現役時代、意識して筋肉の後ろ側を鍛えていました」と話していました。

同じように太ももを鍛えるのなら、前側の大腿四頭筋に比べて、後ろ側のハムストリングスの方がより鍛えられるようにトレーニングすることが大切です。