競輪選手の事故

若手のホープが事故死

若手のホープとして活躍していた内田慶選手が、レース中の落車事故で死亡したのは2008年9月のことでした。

第51回オールスター競輪のレース中、後退してきた選手とスピードを上げてきた選手の間にはさまれました。この接触で、前輪のワイヤースポークが全壊し、内田選手は、車体ごと前のめりに崩れ落ちました。

そして、バンクに顔面から叩きつけられ、頭がい骨を骨折。すぐに近くの病院に搬送されましたが、外傷性くも膜下出血のため、亡くなりました。

内田選手は、「全日本プロ選手権自転車競技大会」の4㎞個人追い抜きで6連覇を達成していた若手のホープで、まだ27歳の若さでした。

落車による事故はしょっちゅう起きている

競輪では、スピードが時速50~80キロになります。しかし、競輪用の自転車にはブレーキがありません。

自転車を止める時には、ペダルを逆回転させて速度を落としますが、急に止まれないばかりか、一気に減速することも難しいです。

そのため、他の自転車と接触したり、バランスを崩したり、さらには落車した自転車に衝突したりして、落車による事故がしょっちゅう起きています。

鎖骨や肋骨を骨折することも

ペダルはシューズと固定されており、落車すると、自転車ごと転がっていくこともあります。

最近は、ヘルメットやプロテクターなども改善され、厳しい事故対策が取られていて、死亡事故そのものは減っています。それでも、落車すれば、負傷は免れません。

切り傷や打撲は当たり前で、鎖骨や肋骨を骨折することもあります。

また、自転車に乗っている時間が長く、同じ姿勢を取り続けるせいか、腰痛に悩む選手も少なくありません。

一般道路で加害者になるケースもある

競輪選手は、「乗り込み」といって、一般道を走るトレーニングも行います。

持久力をつけるため、数人の仲間と60~100キロ走りますが、ある女性選手が、その途中、道路を横断中のOLに衝突する事故を起こしたことがあります。

信号待ちで渋滞する車の横を走っていると、道路を横断していたOLが、車と車の間から突然姿を現したということですが、自転車に跳ね飛ばされたOLは道路で頭を打ち、のちに亡くなりました。

最近は、一般社会でも自転車と歩行者による交通事故が問題になっていますが、競輪選手も同じように、一般道路で加害者になってしまうケースもあります。